top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

愛される日本文化「民話」を楽しむ豆知識5選

WOW! JAPAN (jp)

愛される日本文化「民話」を楽しむ豆知識5選(C)WOW! JAPAN (jp) 今回は、日本で古くから語り継がれている民話を5つピックアップ!カメに乗って海中のお城へ行ったり、大切に育てた娘が月に帰ってしまったり…。お話の面白さはもちろん、その民話の舞台となった観光スポットもご紹介します。

1. 桃から男の子が誕生?!「桃太郎」

【あらすじ】
子どものいないおじいさんとおばあさんが暮らしていると、あるとき、川上から大きな桃が流れてきました。桃を切ってみると、中からは元気な男の子・桃太郎が!

成長した桃太郎は、鬼ヶ島に住む悪い鬼の話を聞いて鬼退治へ出かけます。おじいさんやおばあさんは、立派な刀ときびだんごを持たせて見送りました。このきびだんごをあげた犬、猿、キジが桃太郎の仲間になり、一緒に鬼を退治します。降参した鬼たちが差し出したたくさんの宝物を村に持ち帰り、桃太郎はおじいさんおばあさんと幸せに暮らしました。

愛される日本文化「民話」を楽しむ豆知識5選

鬼ヶ島のモデルは、香川県高松市の高松港からフェリーで約20分の女木島(めぎじま)。島内には鬼のすみかと伝えられる洞窟もありますよ。フェリーが発着する女木港の灯台にいる大きな鬼を、ライターも見てみたいです!

愛される日本文化「民話」を楽しむ豆知識5選

2. 竹から女の子が?!日本最古の物語「かぐや姫(竹取物語)」

【あらすじ】
おじいさんが光る竹を見つけ切ってみると、竹の中には小さくてかわいい女の子が!早速おばあさんの待つ家に連れて帰り、子どものいない二人はかぐや姫と名付けて大切に育てました。

美しく成長したかぐや姫は多くの男性から求婚されますが、条件として無理難題を出し、誰とも結婚しません。ついには天皇からも求婚されますが、かぐや姫は自分が月からきたことと、もうすぐ月から迎えが来ることを泣きながら話します。そして次の満月の日、月へ帰ってしまいました。

かぐや姫は最後に天皇へ不死(死なない)の薬を贈りますが、天皇はかぐや姫がいないなら不死は必要ないと、その薬を日本一高い山で焼かせました。その山は不死山(富士山)と呼ばれるようになりました。

愛される日本文化「民話」を楽しむ豆知識5選

作品の舞台は現在の奈良県とも静岡県ともいわれますが、作中の雰囲気や文化を知るなら京都・宇治市の源氏物語ミュージアムがおすすめ!源氏物語はかぐや姫(竹取物語)の成立年代と文化的に近く、当時の生活様式を見ることができます。美しい衣装や牛車(ぎっしゃ・当時の貴族が乗っていた、牛に引かせる車)は必見。

愛される日本文化「民話」を楽しむ豆知識5選

3. 箱を開けたら○○に!「浦島太郎」

【あらすじ】
海辺の村の浦島太郎は、子どもにいじめられていたカメを助けました。カメは「お礼に竜宮城へ案内します」と言い、太郎を背中に乗せて海の中へ・・・

WOW! JAPANで続きを読む

TOPICS

ランキング(おでかけ)

ジャンル