top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

備えていますか? 備蓄食やハザードマップ確認の実態調査

もっとエンタメ

 “災害国”ともいわれるニッポン。地震や台風、豪雨、豪雪など、さまざまな自然災害を知ってはいるが、備えの方は今一つであることが、安全靴や作業着等を販売する通販サイト、ミドリ安全.comの実態調査で分かった。コロナ禍の分散避難方法の確認や水害、停電対策も不十分だった。

 子供のいる20~49歳の全国の母親800人を対象にした調査。防災食(非常食)の備蓄率は49.7%。46.3%の家庭が「全く備えていない」と回答した。食べた分だけ買い足す備蓄方法「ローリングストック」を実施しているのは、わずか 17.1%だった。

 また、居住エリアの避難場所を明確に把握できている 人は35.9%。ハザードマップの内容については、6割超が見たことがないとしている。さらにこの一年のコロナ禍でにわかに浮上した“3密回避“のための避難方法についても、しっかり把握できていると答えた人は14.4%にとどまる。水害対策は70.6%が、停電対策は66.4%が「できていない」と回答した。

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル