top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

松たか子主演ドラマ『大豆田とわ子と三人の元夫』に市川実日子・高橋メアリージュン・石橋静河が物語を大きく動かす女性役で出演!

テレビドガッチ


松たか子が主演を務め、4月にスタートする新火曜ドラマ『大豆田とわ子と三人の元夫』(カンテレ・フジテレビ系、毎週火曜21:00~)に、市川実日子、高橋メアリージュン、石橋静河、石橋菜津美、瀧内公美、豊嶋花、近藤芳正、岩松了が出演する。

本作は『カルテット』『最高の離婚』『Mother』など数々の連続ドラマを手がけ、現在は映画『花束みたいな恋をした』が大ヒット公開中の脚本家・坂元裕二による完全オリジナル。3回結婚して3回離婚したバツ3・子持ちの社長・大豆田とわ子(松)が“三人の元夫”に振りまわされながら日々奮闘するロマンティックコメディ。とわ子のことを忘れられない“三人の元夫”として、最初の夫・田中八作(松田龍平)、二番目の夫・佐藤鹿太郎(角田晃広・東京03)、三番目の夫・中村慎森(岡田将生)が出演する。

今回、市川、高橋、石橋静河が演じるのは、ドラマの世界を彩り、物語を大きく動かしていくキーパーソンの女性たち。

市川が演じるのは、とわ子の親友・綿来かごめ。不器用で仕事は長続きしないものの、自由で楽しく生きている。とわ子とは、一緒にいるだけで、楽しいことも悲しいことも分け合うことができる存在。高橋が演じるのは、とわ子の部下・松林カレン。とわ子が社長を務める建設会社「しろくまハウジング」営業部の責任者で、いくつかのベンチャー企業を渡り歩いてきたやり手。意識が高く、仕事面でとわ子を支える存在だ。そして、石橋静河は、とわ子の最初の夫・八作(松田)の親友の彼女で、八作がギャルソン兼オーナーを務めるレストラン「オペレッタ」の客・三ツ屋早良を演じる。女性に自動的にモテてしまう八作と、何やら少し恋の予感も……。

他にも、とわ子と三人の元夫を取り巻く個性的な人々として存在感抜群の俳優陣が登場。石橋菜津美は、とわ子の三番目の夫で、とわ子の会社の顧問弁護士を務める慎森(岡田)と公園で偶然出会う、小谷翼を演じる。瀧内が演じるのは、とわ子の二番目の夫でファッションカメラマン・鹿太郎(角田)と撮影をきっかけに出会う女優・古木美怜。豊嶋が演じるのは、とわ子の娘・大豆田唄。とわ子と最初の夫・八作との子供で、生まれた時からずっと反抗期。常に冷静な目でとわ子や元夫たちを見ている中学3年生。近藤が演じるのは、「しろくまハウジング」の重鎮・六坊仁。社長に就任したばかりのとわ子を支える良きアドバイザー。岩松が演じるのは、とわ子の父・大豆田旺介。元参議院議員だが、ここ数年は落選が続きずっと無職。クセのある父親だが、とわ子をあたたかく見守っている。

市川、高橋、石橋静河らのコメントを以下に紹介する。

<市川実日子 コメント>
脚本を読んでいると登場人物みんな、自分の知っているひとのような気がだんだんしてきて、「今まで誰かに話すまでもなかった、日常の中のちっちゃなハテナ」を一緒に披露したくなりました。みなさん個性があります。かごめは自分の個性を受け入れて、いま生きているひとです。いろんなひとがいて、いろんな気持ちがある。素直で面倒で愛らしい。見てくださった方の心がほんのり柔らかくなってくれますように。そう願っています。

<高橋メアリージュン コメント>
こんなにくすっと笑いながら脚本を読めること、この作品に出演できることを幸せに思います。人の普段見逃しがちな行動が細かに面白く描かれていて、読みながらずっと笑い、そして伏線回収に感動しております。この作品の世界に約3か月間入れるのがとても楽しみです。

今作では、華やかな容姿の中のその人を映し出せたらなと思います。監督とプロデューサーさんに言われた「ドキュメンタリーを撮る感覚」という言葉に役者としてとてもワクワクしています。素晴らしいキャスト、スタッフが揃っているので、良いドラマにならない理由が見当たりません。ぜひ期待していて下さい。

<石橋静河 コメント>
脚本を読んで、思わず一人でゲラゲラ笑ってしまいました。それぞれのキャラクターが軽快で切実で、早く完成した作品を見たい! と思いました。早良さんはとても積極的な女の子ですが、好きという気持ちに真っ直ぐなのは素敵なことだと思います。チャーミングに演じられるよう頑張ります。一生懸命に生きる人たちを、時にクスッと時にエールを送りながら、見ていただけたら幸いです。お楽しみに!

TOPICS

ランキング(テレビ)

ジャンル