top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

ピュアリーモンスター[ライブレポート]感動の涙に包まれた<富沢恵莉、中島優衣卒業公演>「約4年間、ありがとうございました」

Pop'n'Roll

ピュアリーモンスターが、2月27日(土)に東京国際フォーラム ホールCにて<ピュアリーモンスターワンマンライブ 〜富沢恵莉、中島優衣 卒業ライブ〜>を開催した。結成時からの1期メンバー富沢と、アイドルカレッジとのユニット兼任中島という多くのファンに愛され、活躍してきた2人の卒業公演ということもあり、当日は収容人数が定員の半数という制限がある中、多くのファンが来場。また、ライブストリーミングで配信も実施された。本記事では、同公演のオフィシャルレポートをお届けする。

【画像はこちら】

青いライトの下、厳かなBGMが鳴り響き、ステージ奥から順番に登場するメンバーたち。富沢、中島が満を持してステージに姿を現し、立ち位置に着く。

幕開けは、富沢、中島、そして石飛恵里花、今野優月、柳木みりの初期メンバーによるデビュー曲「教えてダーウィン」。富沢は王道アイドルらしいホワイトとピンクを基調としたチュールスカートの衣装、中島は儚いドールを彷彿とさせるレトロな純白の衣装に身を包みながら人気ナンバーを披露した。

舞台が暗転し、石飛、今野、富沢、中島、柳木は、『Memories Off』シリーズ主題歌として人気の高い「ORANGE」カバー。“最終電車が僕を乗せてまた走り出した”と歌詞が、卒業公演を控える富沢、中島を乗せた列車が走り出している情景とシンクロし、目頭が熱くなる。

メンバーが全員登場し、自己紹介を終えると、富沢、中島がこの日のために用意した卒業衣装についてトーク。

旅立ちには真っ白な卒業ドレスが多い中、富沢は“最後までピンク色をまとって「えりぴんく」をまっとうします!!”と、中島は“ブロマイド撮影時はヒールを履いていたのですが、動きやすい靴で最後まで全力を出し切ります!”とコメントすると、会場には拍手が響いた。

<ピュアリーモンスターワンマンライブ 〜富沢恵莉、中島優衣 卒業ライブ〜>(2021年2月27日(土)/東京国際フォーラム ホールC)

中島が“みなさん、今日は私たちと特別な時間を過ごしてくれたら嬉しいです……!”と心からの想いを伝えると、オーケストラが響くドラマティックなナンバー「まだ誰も知らない明日へ」へ。続けて、「Infinite Horizon」を気迫たっぷりに歌い上げた。

「らぶティカル☆パレード」ではコミカルに表情をくるくると変化させ、エレクトリックなポップナンバー「DREAM PLANET」ではピュアモンらしい透明感溢れる魅力を振りまき、「蒼空の彼方」では“前に進もう チャンス掴み取れ”と卒業の先にある未来に想いを乗せて歌う。

暗転し、中島、今野の2人が登場。ピュアリーモンスターのメンバーがそれぞれキャラクターの声を担当した『IDOL∞PRISM』のユニット曲「HAPPY SYNERGY!」を“ゆいゆづ”で息ぴったりに披露。

中島が今野に向けて“ゆづゆづー!! ゆづゆづと一緒に「HAPPY SYNERGY!」を歌えて嬉しかったよ!! 本当にありがとうー!!と”叫ぶ場面も。涙を溢れさせながらも最後まで歌い切る2人の姿が印象的であった。

「放課後のレジスタンス」では凛と歌い始めた富沢と石飛が、力強く美しいハーモニーを響かせる。しかし、曲後半で石飛は涙をこらえきれず、富沢は“きっと君の旋律が響いていて 思い出すよ”と涙で詰まり、声を震わせながらも最後まで歌い切る。2人で大粒の涙をこぼしながら、ハグをした。

続いて、富沢、石飛以外のメンバーも登場し、「真っ白な地図」に切ない想いを卒業に重ね合わせ、伸びやかに届けていた。

広告の後にも続きます

<ピュアリーモンスターワンマンライブ 〜富沢恵莉、中島優衣 卒業ライブ〜>(2021年2月27日(土)/東京国際フォーラム ホールC)

“客席のみなさん、ピンクと黄色ですねー! 卒業ライブグッズ着てきてくれてありがとうー!”と卒業ライブグッズに込めた想いを語り、“私たちにとっても、みなさんにとっても思い入れのある曲ってやっぱり、アニメ主題歌だと思うんですよ”と富沢が切り出すと、中島、富沢が主要キャストとして出演したTVアニメの話に。

富沢が“ということで、そんな思い入れのある曲たちを歌っていきます! 盛り上がっていきますよー!”と手を振り上げ、「Secret Story」へ。“きみがいる それだけで 世界はキラキラ輝いて”とキラキラ笑顔で富沢、石飛がハートを作りハグ。続けて、天高く手を振り上げながら“奇跡をキミにもあげるよ”と「多次元トラベリング」を歌唱。

「群青プロローグ」では“大切な思い出はなくさないで きっと何処かでつながるその日まで”と想いを込めて歌い上げる。

中島が、“みなさーん! この曲は一緒にサイリウム、一緒に回してください! ピュアモンカラーでいっぱいにしましょう!”とオーディエンスに呼びかけると、「Forever My Friend」では客席がライトブルーの海に一変。曲終わりには、“ペンライト、とってもとっても綺麗でした! 本当にありがとう!”と感謝の気持ちを伝え、そして、中島がみんなで一緒にタオルを振って盛り上がれる曲が欲しくてリクエストして作ってもらった同曲に込めた想いを語った。

<ピュアリーモンスターワンマンライブ 〜富沢恵莉、中島優衣 卒業ライブ〜>(2021年2月27日(土)/東京国際フォーラム ホールC)

新曲「PURE×PURE×PURE」では、声優の本領を発揮し、超早口フレーズを生歌&息継ぎなしで披露。アップテンポなダンスとともにコミカルに披露。

息をつく間もなく「Trip Stream!!」、「瞬間リスグラシュ」と2曲を連続ドロップ。クラップレスポンスでファンと一体となった。

柳木が“次の曲は、この7人揃って最後の「超純正ピュアリーチューン」”とシャウトし、人気ナンバー「超純正ピュアリーチューン」”がスタート。落ちサビでは富沢が1人センターに立ち、メンバー全員でハグをして“みんな大好き!!”と力いっぱい叫ぶ場面も。

今野が“えりぴんく、ゆいぽんラストの「Over the Future」みんな心に焼き付けてね!”とアジテート。キラキラ輝く未来へ富沢、中島、メンバー全員の想いを乗せて「Over the Future」を歌い、観客の熱は最高潮に。

“次の曲で本当に、最後の曲になります。少し寂しいけど最後は最高の笑顔で、メンバー全員で私たちの想い、届けます。今までありがとう! 聴いてください”と「教えてダーウィン」へ。

中島と富沢が想いを伝え、“ラストはやっぱり「教えてダーウィン」! 過去1番、最強のクラップをお願いします!”とオーディエンスを巻き込み、結成から今までの想いと歴史をありったけ込めたラストナンバーを届けた。

<ピュアリーモンスターワンマンライブ 〜富沢恵莉、中島優衣 卒業ライブ〜>(2021年2月27日(土)/東京国際フォーラム ホールC)

柳木、石飛、今野の初期メンバーが大粒の涙を流し、石飛は富沢とのデビュー前から一緒にやってきた思い出を言葉に詰まりながらも伝え、メンバー全員が涙をこらえながら各々の想いを2人に伝えた。

プロデューサーの水口ルイズからの手紙を安藤鈴菜が読み上げる。2人にそれぞれのイメージカラー、ピンクと黄色の花束が手渡され、2人はピュアリーモンスターへの想いを言葉にして伝えていく。

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル