top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

渡辺いっけいが悪魔のような父を怪演! 親子の因縁を描いた映画「いつくしみふかき」に大山監督が込めた想いとは。

キネマ旬報WEB

 

悪魔のような父と息子、再会の先に見える境地を描いた壮絶な物語に 大山晃一郎監督が込めた想いとは—。

映画「いつくしみふかき

 

渡辺いっけいが魅せる悪の父親像

 

―人が出払った家の扉を開け、土足で踏み込んでくる。盗みを働こうとする「悪魔」を演じるのは、これが映画初主演となるベテランの渡辺いっけいだ。その男=広志はすぐに見つかって村を追われるが、時を同じくして、彼の息子=進一が病院で産声を上げていた。それから30年、悪魔の子として村人に疎まれて育った進一は、転がり込んだ町の牧師のもとで、実の親と知らぬまま広志と再会。そして共同生活をすることに――。現実離れした「いつくしみふかき」の物語だが、実話に基づいていると大山晃一郎監督が明かす。

広告の後にも続きます

大山:「僕が演出を務める劇団チキンハートの主宰・遠山雄の郷里(長野県飯田市の遠山郷)の知人が、進一のモデルです。その知人がやくざ者だった父親の葬儀で、涙ながらに『みんないろいろ言うけれど僕にとっては父です』と語ったのが、遠山には印象的だったようで」

―映画化に向けて動き出すも、予算を含めてなかなか具体化しなかった。何よりも広志役が浮いたまま。そんな中、大山が助監督キャリアで親しくなった渡辺いっけいが「やろう」と申し出た。

大山:「テレビとは違ういっけいさんを見たいとお伝えしたら面白がってくれ、ベールを脱いだというか、僕に身を委ねてくださったので、この映画を通して初めていっけいさんと『初めまして』になれた気がします。面白かったのは、『山ちゃん(=大山)、オレ今わかってない。普段の現場では計算立ててやるけど、今はわかってないよ』って素直に打ち明けてくださるんです。僕が『大丈夫です』と返すと、『本当か? 不安でしょうがないよ』『大先輩が何言うてるんですか』という具合で(笑)。現場では半信半疑だったはずで、完成品を観ても、凄いものは目撃した気がするけど、面白いのか、何点か、まったくわからないと言っていました。ご自身の姿も、『これは誰だ?』という感じで」

 

 

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル