top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

【インタビュー】ミュージカル「GHOST」 咲妃みゆ「課題は『自立した女性の色気』」名作映画のミュージカル版の再演に挑む

もっとエンタメ

 1990年に公開され、世界中で大ヒットした映画『ゴースト/ニューヨークの幻』のミュージカル版「GHOST」が3月5日から上演される。日本では2018年に初演された本作は、同作で第63回アカデミー賞脚本賞を受賞したブルース・ジョエル・ルービンが手掛ける脚本・歌詞と、デイブ・スチュワートとグレン・バラードによる、切なくも激しい楽曲が一体となって誕生した感動作。モリー役を桜井玲香とのダブルキャストで演じる咲妃みゆに、ミュージカル版の見どころやモリー役への思いを聞いた。

-初演に続いてモリー役での出演が決まった心境は?

 再びミュージカル「GHOST」に携われることが純粋にうれしかったです。私にとって、この作品も、モリーというお役も、すごく思い入れの強いものでしたので、再演ではありますが、新たな気持ちで挑戦させていただきたいと思いました。

-初演時は、どんなところを意識してモリーを演じたのですか。

 モリーは、芯の強い女性です。ですが、私のモリーは、どこか幼さが残ってしまっていたので、初演の頃は、特に(演出の)ダレン・ヤップさんから「ノット キュート」と、本当に口酸っぱくご指摘いただきました(笑)。なので、初演のときはもちろん、今回も自立した女性であるという点は意識して演じています。

-初演時に本作を演じる上で、一番苦労したのはどんなところですか。

 これは、舞台ならではのものだと思いますが、モリーには(浦井健治が演じる)サムが見えていないけれど、舞台上には存在しているという、ある意味、矛盾する状況が大変でした。サムは幽霊なので、モリーには見えません。でも、実際には、浦井さんはそこにいらっしゃって、(森公美子が演じる)オダ・メイとせりふのやりとりをしているのも聞こえている。モリーの私はサムと目が合ってもいけないし、せりふを聞いてしまってもいけない。でも、つい見ちゃうんですよ(笑)。今回も、久しぶりにお稽古をしたら、見えてはいけないサムさんが見えてしまったので、そこは気をつけて演じています。

-初演を終えて、手応えは感じていましたか。

 私にとって初めてダ…

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル