top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

高梨沙羅、3年前に悔し涙で誓った「金を獲って“ベンツの似合う女”になる!」

SmartFLASH

 

「今はちょっと複雑な気持ち」

 

 ドイツで開催中のノルディックスキー世界選手権。2月25日、「ジャンプ女子個人ノーマルヒル」を終えた高梨沙羅(24)は、銅メダルを獲得するも不満を覗かせた。

 

広告の後にも続きます

 高梨の冒頭の発言を「今、彼女が好調だからこそ」と分析するのは、元ジャンプ選手で、NHKなどでW杯の解説を多数担当する竹内元康氏だ。

 

 

「彼女には、ジャンプ台によってタイミングがずれる欠点がありました。3年がかりで重心やバランス、道具などに試行錯誤を続け、ベストな形を作り上げてきたのです」

 

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル