top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

22/7[ライブレポート]グループの固い絆を見せたリーダー帆風千春 卒業公演「22/7という場所は私にとって大切な場所です」

Pop'n'Roll

22/7(ナナブンノニジュウニ)が、2月24日(水)に発売し、3作連続オリコンウィークリー2位を獲得した7thシングル「僕が持ってるものなら」の全収録曲を披露する発売記念ライブを開催。単独ライブでは最大規模の会場となるパシフィコ横浜・国立大ホールを昼夜公演ともソールドアウトし、また全世界へ同時生配信した。新曲の初披露の場であるとともに、リーダーを務める帆風千春の卒業公演となり、メンバーから送られた手紙にグループの固い絆が感じられた夜公演の模様をレポートする。

【画像はこちら】

文責:キツカワトモ
写真提供:ソニー・ミュージックレーベルズ

Overtureで高まる会場に、時を刻む秒針の音が響き「シャンプーの匂いがした」で、この特別な夜の幕が上がる。3月の扉を前に、いち早く、桜舞う春の陽気を連れてきてくれた10人。昨年9月のアニバーサリーライブ以来の有観客開催とあって、ペンライトが色鮮やかに灯る客席を見渡す表情も明るい。8人曲としてリリースされた楽曲がまた1つ全員曲へとアップデートされた喜びとともに、満開の笑顔を咲かせた。

だが、続く「未来があるから」へと、いずれも明るい曲調の中に、誰かの決意した“別れ”に胸を裂かれるせつなさが歌われている。この公演で、リーダーの帆風千春は22/7を卒業する。メンバーは、冒頭の挨拶から“最後”という言葉を口にするたびに、ぐっと涙をこらえた。そんな弱さを振り切るかのように力強く歌われた「風は吹いてるか?」から「何もしてあげられない」へと至るドラマ性の高い楽曲群。生の歌声と台詞、そしてダイナミックなパフォーマンスが抑えきれない葛藤のままに嵐を巻き起こした。

ここで、本公演の核となった7thシングル収録のバラエティ豊かな5曲が披露される。

まずは、ファンのアンケートによって高辻が考えたコンセプトと編成に決定した紅白ユニット曲。一時活動休止中の武田愛奈を含む5人による白組が歌うのは「甘ロリ」をコンセプトとする「キウイの主張」。涼花の唱える“みかみんラップ”をしなやかな軸として、個性的なキウイとなったメンバーたちがハートを振りまきながらキュートに踊る。意外な人選ながら、高辻からアクセントになるよう指名されたというセクシーキウイの白沢は“甘いメロディの中に小悪魔的な歌詞というギャップのある曲です。女の子は、めんどくさいところも、まるごと愛してね”とアピールした。

「パンクゴシック」をコンセプトとする紅組による「雷鳴のDelay」は、真っ直ぐな歌声の強さが特徴的な6人。ギターの轟くソリッドなバンドサウンドに身を委ね、小刻みにリズムを取りながら、射抜くような眼差しで幼い反抗心を歌う。“(帆風の推しキャラの)東条悠希としても、ちはるちゃんに好きと思ってもらえるよう頑張ります”という高辻の言葉も、涙腺を緩ませた。それぞれのキャラソンの振りからインスパイアされたポーズが戦隊モノのごとくキマったが、夜公演で初めてセクシーなポーズに挑戦した宮瀬は、ファンに向け“みなさんがいてくれたからできた”と伝えた。

そして、そんな紅白の魅力をドッキングし、海乃と倉岡2人の突き抜けるような明るい一声で爆発的に誕生した「タチツテトパワー」の威力! 両腕をTの字に広げてステージを駆け回る姿も楽しく、この時ばかりは、公演の始まりからどうしてもまとわりつく寂しさを忘れてしまった。話題を呼んだユニット曲「半チャーハン」にも匹敵する、グループとしては初めてのぶっ飛び曲だ。

「好きと言ったのは嘘だ」もまた、グループとしては数少ない、もどかしい恋心を歌ったハッピーな王道アイドル曲。メンバーのときめきにあふれる表情が引き出され、ピンクのライティングに映える。一転して、深い青に彩られた表題曲「僕が持ってるものなら」。円舞曲を思わせる穏やかなメロディに乗せ、淡々と、切々と、手話を交えた振りで歌われる狂おしい想いに飲み込まれていく。“愛しかないんだ”――。メンバー、そして彼女たちを見守る人たちが1つの思いで抱きしめ合った瞬間だった。

広告の後にも続きます

本編の最後は、4年という月日のさまざまな出来事に寄り添ってきた「循環バス」。メンバー同士、微笑みを交わし、手をつなぎ、はしゃぎまわる夕焼け色の光景は温かく、だがやはり、せつない。帆風との歌割りに満面の笑みを浮かべながら、涙をこぼす天城。涼花と河瀬は、両側から不意打ちで帆風を抱きしめた。

<22/7「僕が持ってるものなら」発売記念LIVE >パシフィコ横浜・国立大ホール(2021年2月28日)

アンコールを受けて1人現れた帆風を、燃え上がる炎がごとく一面の赤いペンライトが迎える。スタンドマイクを握りしめ、歌われたのは、自身の演じる佐藤麗華のキャラソン「優等生じゃつまらない」。両腕を広げ、くるくると回りながら、歌声も跳ね上がり、まさに“変わりたい”という想いと覚悟の先で手にした“自由”そのもののステージを見せてくれた。その清々しさの中で凛と放たれた“さらば青春よ”というフレーズ以上に、この卒業を表す言葉もないだろう。

声優の道を志しながらも思うようにいかず“これを最後に”と思って、22/7のオーディションを受けた帆風。その始まりの日から今日までを振り返り、自分にとって“特別な存在”への感謝を伝えた。

“人に甘えるばかりだった私が『変わりたい』と思うきっかけとなってくれた、たくさんの夢を叶えさせてくれた、そして、声優としてさらにステップアップしたいという目標をくれた佐藤麗華ちゃん。メンバーも、今日まで一緒に活動してくれて、頼りないリーダーをここまで支えてくれて、ありがとう。みんなは、1人ひとり魅力的だから、これからもたくさんの人に愛されるよ。私も、追いつけるように頑張るからね”。

そこで、メンバー1人ひとりからの手紙が読み上げられるサプライズが待っていた。“ちはさり”と呼ばれ、同じ目標のもとに切磋琢磨してきた天城は、だからこそ言えなかった“やめないで”という言葉を飲み込みながら距離を置いていたことを打ち明ける。“次また、現場で「久しぶりじゃん」と言える日を楽しみにしてます”。

途中加入ながら、しっかり者と讃えられ、決して弱さを見せることがなかった河瀬が“帆風の「声」にあこがれ、救われてきた”と言ってこぼした大粒の涙にも驚かされた。1度取り出した手紙を読まずに封筒に戻し、今の想いを伝えた西條は、自分が守られるばかりで、帆風のために何もできなかった悔しさをにじませる。“いつか「強くなったね」と言われるくらい、ちはるんが私にも相談してくれるくらい、22/7で頑張ります。この4年間、誰よりも強く正しくいてくれてありがとう。……大好き”。

代読された武田からの手紙も含め、想いを伝えた10人に対して、それぞれに自信を与える言葉で返すところが、最後までメンバーを愛し愛されたリーダー・帆風らしかった。

ステージ上で“お好み焼き”をイメージした円陣を組むメンバーたち。帆風の“紅生姜!”という声が締めとなり、全員で声を揃える。“ひっくりかえして、22/7!”。コテ型のペンライトを掲げたファンもまた、その一員だ。“私のファンの人って本当に心が広くて、いつも「ちはるんのオタクトーク楽しいよ」と言ってくれて、その想いにたくさん甘えてきました。みなさんがいたから、今、私らしくここに立てています。まだ夢を見ていいんだと思わせてくれたファンのみなさん、メンバー、22/7という場所は私にとって大切な場所です”。

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル