top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

大注目のクロエ・ジャオ監督-アジア系女性初の監督賞ノミネートにしてゴールデン・グローブ賞初受賞!ドラマ部門作品賞と合わせ主要2部門のW受賞『ノマドランド』

cinefil

主演は、『スリー・ビルボード』でアカデミー賞主演女優賞受賞し、その絶対的存在感で世界を圧倒したフランシス・マクドーマンド。そして監督は、前作『ザ・ライダー』 で第70回カンヌ国際映画祭の監督週間でプレミア上映され、アート・シネマ賞を獲得して絶賛を浴び、本作ではゴールデン・グローブ賞でアジア女性初の監督賞ノミネートを果たすなど、今まさに注目の新鋭監督クロエ・ジャオ。新時代を切り開く女性タッグによって生み出された新たな傑作に期待が高まっています。

この度、第78回ゴールデン・グローブ賞におきまして、作品賞(ドラマ部門)、 監督賞(映画部門/クロエ・ジャオ)、主要2部門にて見事受賞!
クロエ・ジャオはアジア系女性初の監督賞ノミネートにして初受賞という快挙を果たしました!

賞レース幕開けとなったボストン批評家協会賞では作品賞、監督賞、撮影賞、ゴッサム賞で作品賞、観客賞、全米映画批評家協会賞で作品賞、監督賞、主演女優賞、撮影賞、ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞では撮影功労賞を獲得し、 作品賞トップ10にも選出。
さらに2月15日に発表された第25回サテライト賞では、映画部門の作品賞<ドラマ>、主演女優賞、監督賞の主要3部門を制覇。
数々の賞レースを独走している中、第78回ゴールデン・グローブ賞でも輝かしい功績を残し、世界が注目する最大の映画の祭典<アカデミー賞>での躍進にも期待高まっています!

■アジア系女性で初の快挙を達成!本作で大注目されるクロエ・ジャオ監督

中国で生まれ育ちアメリカで監督デビュー後、2017年に制作した『ザ・ライダー』で大きな話題を巻き起こし、さら にはマーベル・スタジオが贈るアベンジャーズに続く最強ヒーローチームを描いた超大作『エターナルズ(原題)』の監督にも抜擢されたクロエ・ジャオ監督。本作においてはゴールデン・グローブ賞で見事2冠を獲得し、アジア系女性初の栄誉にも輝きました!アカデミー賞監督最有力との呼び声も高く、目が離せません!
(アカデミー賞のノミネートは日本時間3月15日(月)に発表となります。)

広告の後にも続きます

手前、クロエ・ジャオ監督
©︎ 2020 20th Century Studios. All rights reserved.

さらには日本での公開が待ち遠しい本作のムビチケカードとムビチケオンラインが3月5日(金)より発売することが決定!
劇場公開に備えて、是非とも下記のURLよりゲットしてください!

■ムビチケ前売券(オンライン):
https://mvtk.jp/Film/071711

■ムビチケカード:
https://www.major-j.com/cinema_information.php?id=M20210305007
※URLは3月5日(金)0時よりアクセスの上、購入可能となりますのでご注意ください
 

『ノマドランド』予告

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル