top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

木下百花、デジタルSG「誰かの隣でパーティーしていたい」リリース+主催イベントのゲストに柴⽥聡⼦inFIREが決定!

Pop'n'Roll

木下百花が、本日3月1日(月)にデジタルシングル「誰かの隣でパーティーしていたい」をリリースした。

同曲は、身近な人が亡くなったことをモチーフに木下自身が作詞・作曲を担当。“何かを失うのは怖いが必然。だからこそ、ひと時のパーティをできる限り続けて、毎日を楽しんでいたい。あの人にも届きますように”という想いを込めている。

その身近な人が亡くなった月命日が“1日”ということをを受けて、追悼の意味も込めて3月“1日”にリリースとなった。

本日19:00には、木下百花のYouTubeチャンネルにてMVをプレミア公開。

同MVは、木下がNMB48を卒業し、1人のアーティストとして歩む姿を収めたさまざまな動画のコラージュによって構成されており、アイドル出身の木下の“現在に至るまでの姿”が表現されている。

また、4月9日(金)に恵比寿LIQUIDROOMにて開催する主催イベント<わたしのはなし 第3話〜夜明けのピクニック編〜>のゲストに、柴田聡子inFIREを迎えることも発表した。

▲本日3月1日(月)19:00〜プレミア公開

コメント

広告の後にも続きます

木下百花「誰かの隣でパーティーしていたい」コメント

主催イベント<わたしのはなし 第3話〜夜明けのピクニック編〜>について
柴田聡さんのライブを初めて観た恵比寿LIQUIDROOMで開催する主催イベントだからこその熱烈オファー。初めて生で聴いた軽やかな楽曲や歌声が、今でも耳から離れません。 MCがかなりクールで楽曲とのギャップに衝撃を受けたことも覚えています。 誰が観ても幸せになれるようなライブや曲で、詩でさまざまな気持ちにさせられて、 こんな素敵な人といつか一緒にライブがしたいとずーーーっと思ってきて、ついに叶う日が来ました! しかも、柴田聡子さんを初めて拝見した同じ場所の、恵比寿LIQUIDROOMで! 大好きな人と音楽とみんなとピクニックがとてつもなく楽しみで仕方ないです!

木下百花「誰かの隣でパーティーしていたい」
各種配信サイトはこちら!

木下百花 自主企画 <わたしのはなし 第3話〜夜明けのピクニック編〜>

日時:2021年4月9日(金)開場17:15/開演18:00
会場:LIQUIDROOM
チケット:¥4,000(ドリンク代別)
出演:木下百花、柴田聡子inFIRE
チケット販売:2021年3月13日(土)10:00〜 プレイガイド:ぴあ、ローソンチケット、イープラス
主催・企画・制作:株式会社Showtitle/株式会社ATFIELD

木下百花 プロフィール
1997年2月6日生まれ(24歳)
兵庫県出身。
2017年異才のアイコンとして存在感を放っていたNMB48を卒業。自分の表現の場として、練習していたギターで楽曲制作を始め、SSWとしてライブ活動をスタートし、2019年7月「わたしのはなし」でソロデビュー。アイドル界からも社会の常識からもハミ出した鋭利なキャラクターと、それとは裏腹にくり出される繊細なメロディや言葉の数々はライブでも強烈なインパクトを残す。

TOPICS

ジャンル