top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

映画公開『あのこは貴族』配信イベント!門脇麦、水原希子が、映画にちなみ貴族になる妄想を語り、岨手監督は、「私たちの心にあったのは、排除ではなく融和です」と今作をアピール!

cinefil

2月27日に都内スタジオから、主演の門脇麦、水原希子、岨手由貴子監督が映画公開を記念して配信イベントを実施。Twitterで募集したファンからの質問に答えた。

©山内マリコ/集英社・『あのこは貴族』製作委員会

-公開記念配信イベント-
2月27日(土)
東京都内
登壇者(敬称略) 門脇麦、水原希子、岨手由貴子監督
MC:奥浜レイラ

左より岨手由貴子監督、門脇麦、水原希子

劇中の象徴的なシーンに因んで、この日は東京タワーの見えるビルの屋上からお届け。初日を迎えて 門脇は「このような状況下ですが、無事に初日を迎えることができて、ありがたく幸せな気持ちです」 と感慨無量。水原も「昨日からずっとTwitterで『あのこは貴族』について検索していました。みなさん自分の気持ちと照らし合わせて感想を呟いてくれているので、まるで自分の気持ちが届いているかのようで嬉しいです」と喜色満面。本日劇場で映画を鑑賞したという岨手監督は「自分が撮った映画なのに、改めてスクリーンで観て泣いてしまいました」と照れながらも感涙を報告していた。

Twitterでは「3人にとって東京とは?」との質問が。東京出身の門脇は「薄くて濃い街だと思う。人 と人の干渉がなくて、いい意味で放っておいてくれる。その一方で文化的に濃いものが集中しており、 掘る甲斐がある」と返答。神戸出身の水原は東京を「居場所」と表し、「神戸にいるときは自分の居場所を探していて、生きづらかった。でも16歳で上京してからは、東京で自分の居場所を見つけることができた。東京はいろんな人が自分の居場所を見つけることのできる温かい場所。懐の深さもある。より自分のことを好きになれたのは、東京のおかげ」と愛着を口にした。現在は金沢に住んでいる岨手監督も「それは凄くわかります。東京は物理的に自分が存在していなくても、居場所がある不思議な場所ですよね」と共感していた。

広告の後にも続きます

左より岨手由貴子監督、門脇麦、水原希子

好きなシーンについての質問には「石橋静河ちゃんのマカロン。マカロンを上から取ってキョロキョロ見るのが可愛くて魅力的。なんてキュートなの!と思った」と門脇は友人・逸子役を演じた石橋の愛嬌あるしぐさにゾッコン。岨手監督も「静河ちゃんは身のこなしが綺麗なので、雑にならない。茶目っ気もあるし品もある。そのバランスが素晴らしい」と絶賛。水原は「冒頭の写真館のシーンは鳥肌モノ。その場面で『おおおお!』となった。麦ちゃんの表情がなんとも言えないくらい素晴らしい」といい、岨手監督は「実はそのシーンが偶然にも原作小説の文庫本の表紙にソックリで!」と奇跡的な偶然を明かしていた。

また「貴族になるなら?」との問いに門脇は「豪華な船を借り切って、友達20人くらいと乗って、釣りをしてキッチンで料理を作って。一週間くらい旅をしたい」とセレブな海上旅行を妄想。水原が「それ私も行く!」と声を弾ませると、門脇もすかさず「呼ぶね!」と妄想旅行に招待していた。
そして水原も 「私は島を買って、そこを希子島にする!沢山のアートを置いて、一流デザイナーに世界に一つしかな いドレスを作ってもらって着る。いいサウナも作りたい。絶景のリゾートにする」と富豪妄想の風呂敷を楽しそうに広げていた。

また「撮影中の思い出」を聞かれると、門脇は「会食シーンの食べ物はすべて美味しかった。蓋があるものは中身が映らないけれどちゃんと料理が入っているので、茶碗蒸しもつまみ食い!」とグルメに舌つづみ。水原は「この映画の撮影は楽しかったというよりも、ここまで自分がリラックスして臨んだ状態は初めてでした。キャスト・スタッフの皆さんに私のいい部分を引き出してもらえたと思う」と忘れられない経験になったようだった。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル