top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「泥くさく生き抜く渋沢栄一の強さを見てほしい」吉沢亮(渋沢栄一)【「青天を衝け」インタビュー】

もっとエンタメ

 2月14日の放送スタート以来、好調な滑り出しを見せるNHKの大河ドラマ「青天を衝け」。幕末から昭和にかけ、最後の将軍・徳川慶喜に仕えた後、実業家として500を超える企業に携わった“日本資本主義の父”渋沢栄一の激動の生涯を描く物語だ。主演を務めるのは、連続テレビ小説「なつぞら」(19)などで注目を集めた吉沢亮。渋沢栄一の印象や主演を務める意気込みなどを語ってくれた。

-激動の幕末から昭和までを生き抜いた渋沢栄一を演じる意気込みをお聞かせください。

 他の大河ドラマの主人公のように、散り際の潔さやはかなさといった派手な部分はありませんが、泥くさく生き抜く強さや生命力が渋沢さんの大きな魅力です。だから、そういう部分を今の人たちに見てほしいですし、それきちんと伝えられる大河になればいいな…と思っています。

-演じる上で、こだわっている部分は?

 幕末から明治に変わる瞬間は、ものすごい価値観の変化があったはずです。でも、それを素直に受け入れられるかというと、なかなか難しいと思うんです。そんな状況の中でも、渋沢栄一という人は、パリで日本と全く違う文化を目の当たりにして、それをいち早く日本に取り入れようと、誰よりも早くまげを切り、洋風の髪形に変えた。そういう柔軟さや、正しいものを正しいと言える強さは、演じる上でこだわっていきたいです。

-渋沢栄一のどんなところにすごさを感じていますか。

 たくさんありますが、台本や資料などを読んで特に印象的だったのは、尊王攘夷運動など、当時のはやりに対して、のめり込みながらも、やや俯瞰で見ているところです。自ら腹を切った方が勇ましい、みたいな雰囲気がある中で、「自ら命を絶っても、世の役には立たない」と、冷静な見方をしている。ある意味、現代人に近い命の価値観ですよね。そういう考え方は、当時としては珍しかったでしょうし、だからこそ生き延びられたんだと思います。

-実際に演じてみて、渋沢栄一という人物の捉え方が変わった部分はありますか。

 撮影前に、史料を読んだり、そろばんや剣術の練習をしたり、演じる上で必要な準備はいろい…

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル