top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

人間の腸の中に14万種ものウイルスを発見。そのうち半分は完全な新種(英研究)

カラパイア

腸の中に14万種のウイルスが発見される

 「第二の脳」と呼ばれる腸の中には無数の腸内細菌が済んでいて、それが人間の健康状態に大きく関与していることはこれまでの研究で明らかとなっている。健康な人の腸内細菌をもらい、心や体の不具合を治す便移植は今もっともホットな研究の一つだ。

 だが『Cell』(2月18日付)に掲載された研究によれば、腸の中には細菌ばかりでなく、ウイルスまでわんさかと潜んでいるようだ。

 28か国で腸内細菌叢(腸内フローラ)2万8000サンプルを採取したところ、なんと14万種以上ものウイルスが発見され、その半分はまったく未知のウイルスであることが分かったそうだ。

 なお、腸内細菌と同じようにウイルスも人によって異なるため、発見されたすべてのウイルスが1人のお腹にいるわけではない。

腸内細菌を攻撃するウイルス「バクテリオファージ」


 ようやく収束へ向けて期待が持てる状況になってきたとはいえ、まだまだコロナ禍の真っ最中だ。ウイルスと聞いて警戒するのも無理はない。

 だが発見されたウイルスの多くは「バクテリオファージ」という種類だ。細菌をターゲットにするウイルスで、腸内細菌の数を調整するという大切な役割を担っており、ファージの数のバランスが崩れると、腸内細菌のバランスまで崩れる可能性があると考えられている。

 発見されたウイルスの中で、もっとも一般的だったのは、祖先が共通しているとされるグループで、「グバファージ(Gubaphage)」と呼ばれている。

 グバファージは腸内でもっとも一般的なファージ「クラスファージ(crAssphage)」に似ているらしいが、はっきりとしたことはさらなる研究が必要であるとのことだ。

バクテリオファージ
/iStock

ウイルスも腸内生態系に欠かせない仲間


 欧州バイオインフォマティクス研究所のアレクサンダー・アルメイダ博士は、「すべてのウイルスが有害なわけではありません」と説明する。

 「その理由の1つとして、発見されたほとんどのウイルスは、遺伝物質としてDNAを利用していることが挙げられます。新型コロナやジカウイルスのようなよく知られた病原菌は、RNAウイルスであって、それらとは別物なのです。2つ目の理由は、ウイルスが見つかった人は健康で、特に病気もなかったことです」

 ウイルスの中にも腸の生態系には欠かせない仲間がいるとアルメイダ博士。「お腹の中にどれほど未知のウイルスがいるのか調べ、それらと健康とのつながりを明らかにするのはワクワクしますよ」と、未知の世界を探る楽しさを語っている。

References:Scientists identify over 140,000 virus species in the human gut | EurekAlert! Science News/ written by hiroching / edited by parumo

TOPICS

ランキング(動画)

ジャンル