top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

SKE48[ライブレポート]研究生同士の絆が深まった新公演「すごく同期に助けられてきました。ありがとう」

Pop'n'Roll

SKE48が、2月27日(土)よりSKE48劇場にて研究生による新公演<We’re Growing Up>をスタートした。研究生公演としては、2017年4月14日から行なわれた<青春ガールズ>以来、約4年ぶりとなる。本記事では、<We’re Growing Up>のオフィシャルレポートをお届けする。

【画像はこちら】

研究生は、昨年末の特別公演で<チーム公演に憧れてやっちゃいました!>を開催。新型コロナウイルスの影響により、劇場公演に出演できる人数を半減して実施しているため、研究生がチーム別公演に出演できる機会がなくなってしまった中、“憧れの先輩たちの公演を踊ってみたい”という気持ちから挑戦した公演だった。

その特別公演を経て、“SKE48らしい公演の魅力を研究生公演からも発信したい”という想いが強まり、今回の<We’re Growing Up>が誕生した。

同公演は、SKE48初のオリジナル公演 <手をつなぎながら>の楽曲「チャイムはLOVE SONG」で開幕。伊藤実希と石塚美月がWセンターを飾る。

オープニングから3曲は、SKE48公式YouTubeでも生配信され、“チェックの衣装が可愛い!”などのコメントが飛び交った。

2曲目の「校庭の仔犬」では、杉山歩南が犬耳のカチューシャをつけて登場し、キュートな笑顔を振りまく。

また「ウイニングボール」では、運動神経抜群の伊藤実希がバッター役を務めた。

<We’re Growing Up>SKE48劇場(2021年2月27日)©2021 Zest,Inc.

<We’re Growing Up>SKE48劇場(2021年2月27日)©2021 Zest,Inc.

広告の後にも続きます

<We’re Growing Up>SKE48劇場(2021年2月27日)©2021 Zest,Inc.

学生生活を描いた3曲の後は、卒業を控えた切ない気持ちを表す「今君といられること」と、素直になれない恋心を歌う「Doubt!」という、複雑な心情を表現する楽曲が続く。

SKE48で激しいダンス曲No.1と言われる「恋を語る詩人になれなくて」では、ダンスに定評のある林美澪と西井美桜がソロパートを披露。

次の10期生の曲「渚のイメージ」を爽やかにパフォーマンスしたあと、石塚美月が“10期生はみんなで力を合わせて、最高の公演を作り上げていきたいと思います”と誓い、「水のないプール」で本編を締めた。

<We’re Growing Up>SKE48劇場(2021年2月27日)©2021 Zest,Inc.

<We’re Growing Up>SKE48劇場(2021年2月27日)©2021 Zest,Inc.

<We’re Growing Up>SKE48劇場(2021年2月27日)©2021 Zest,Inc.

アンコールでは、本日2月27日(土)から販売を開始した研究生オリジナルグッズのブルーのTシャツを身に着けて、「ピノキオ軍」をコミカルにパフォーマンス。

松井珠理奈の卒業シングル「恋落ちフラグ」では、松井加入時と同じ年齢である11歳の林美澪が、堂々とセンターを務めた。

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル