top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

ハロプロヲタクをテーマにした映画『あの頃。』、実話を忠実に再現!新場面写真&本人写真解禁

Pop'n'Roll

【画像はこちら】

映画『あの頃。』が、新場面写真と、劔樹人本人によるハロー!プロジェクトのヲタク時代の写真を解禁した。

本作はハロー!プロジェクトへの熱い愛と、大切な仲間たちとの出会いと別れを描いた、神聖かまってちゃんの元マネージャー・劔樹人による自伝的青春コミックエッセイ『あの頃。男子かしまし物語』(イースト・プレス刊)が原作。

登場人物名など一部変更点はあるものの、描かれている物語やキャラクター設定など細かい部分まで、実話を忠実に再現している。

原作を読んだ松坂桃李らキャストたちは、描かれているエピソードがあまりにも現実離れしていることから“本当にこれは全部実話なのか?”と半信半疑に思ったそう。

登場するキャラクターたちも個性が強過ぎる面々であるが、全員実在した人物であり、劔とともに当時“推し”に熱中し、“中学10年生”のような青春の日々を過ごしている。

今回の撮影中、劔をはじめとした実際の恋愛研究会。メンバーは頻繁に撮影現場に参加。また、それぞれ個人で所有しているハロー!プロジェクトのグッズ提供や、台詞監修などで俳優部の役作りにも一役買っていたという。

さらに劔による松坂へのベース演奏指導に加え、劇中で若葉竜也が踊る「ザ☆ピ~ス!」のダンスを、モデルとなった西野本人がともに練習するなど、現場に溶け込み作品を作り上げていった。

その結果、実際の恋愛研究会。メンバーが俳優部の休憩スペースを占拠したり、エキストラに混じって出演するなど、キャストたちが思わず驚いたというエピソードも。

モデルとなった本人たちは、完成した映画を観て、そのクオリティの高さに感動し“豪華な再現映像“と称したとのこと。

場面写真 ©2020『あの頃。』製作委員会

本人写真

広告の後にも続きます

本人写真

“映画館限定”特別メッセージ上映

■上映期間:
第1弾:2月26日(金)~3月4日(木)
第2弾:3月5日(金)~3月11日(木)
※ともに、本編上映前に特別メッセージが上映されます

関連リンク

上映劇場

映画『あの頃。』

©2020『あの頃。』製作委員会

全国公開中
出演:松坂桃李 仲野太賀
山中崇 若葉竜也 芹澤興人/コカドケンタロウ
大下ヒロト 木口健太 中田青渚 片山友希/ 山﨑夢羽(BEYOOOOONDS)/ 西田尚美
監督:今泉力哉
脚本:冨永昌敬
音楽:長谷川白紙
原作:劔樹人『あの頃。 男子かしまし物語』(イースト・プレス刊)
製作幹事:日活 ファントム・フィルム
配給:ファントム・フィルム
2020年/カラー/ヨーロピアンビスタ/5.1ch/117分 映倫区分:G

【ストーリー】
中学10年生の夏休みのような、そんな毎日が永遠に続くような気がしていた――
大学院受験に失敗し、彼女なし、お金なし、地獄のようなバンド活動もウマくいかず、どん底の生活を送っていた劔(つるぎ)。ある日、松浦亜弥の「♡桃色片想い♡」のMVを観たことをきっかけに、劔は一気にハロー!プロジェクトのアイドルたちにドハマりし、ヲタ活にのめり込んでいく。藤本美貴の魅力を熱く語るケチでプライドが高いコズミンをはじめとした個性的なヲタク仲間と出会い、学園祭でのハロプロの啓蒙活動やトークイベント、また「恋愛研究会。」というバンドを結成しライブ活動を行なうなど、くだらなくも愛おしい青春の日々を謳歌する劔。しかし時は流れ、仲間たちはハロプロのアイドルと同じくらい大切なものを見つけて次第に離れ離れになり……。

TOPICS

ジャンル