top_line

【見せるだけ】おトクな割引クーポンをGET!

高校時代の同級生が語る「大谷翔平」校内を歩くたび歓声が

SmartFLASH

 

 大谷が幼少期を過ごした岩手県奥州市水沢は現在、ちょっとしたパニック状態に陥っているという。

 

 母校の教員は「連日マスコミ各社から電話が殺到して困っているんですよ。ご覧のとおり、ここは山と川と田んぼしかない。そんな田舎から世界で活躍するスターが誕生したことは光栄なんですが……」と驚きを隠せない。

 

 そんな大谷の全国デビューは高校時代。当時のチームメイトに大谷評を聞いた。

 

「すべてがすごかったけど、いちばん印象に残っているのが打球の飛距離。

 

 選抜出場がかかった高2の秋季大会準決勝での一発です。9回裏1点ビハインドのなかでの打球は、ライトポールのちょうど真上に。しかもポール2本ぶんくらいの高さまで飛んでいった。

 

 結局ファウルの判定でうちは負けたんですが、あんな打球、プロでも見たことがありませんでした」(皆川清司氏)

 

 チームメイトの佐々木毅氏も打撃のすごさを認めつつ、お茶目な一面を紹介。 

 

「とにかくちょっかいを出すことが好きなんです。しかも先輩、同級生関係ない。ことに同学年の小原大樹はいじられキャラだったせいか、つねにやられていましたね。そんな人懐っこい性格も、みんなからかわいがられた一因だったと思います」

 

 小原氏は同じ投手として鎬を削った。

 

「3学年上の菊池雄星さんの影響を受けてか、高1のときから『卒業後はメジャーでやりたい』という意思が強かったと思う。性格はとにかく負けず嫌い。私と一緒にダッシュメニューをこなすとき、私が勝つたびに『もう一本』と、勝つまでやめませんから(笑)。

 

 うちは男女共学でしたが、翔平が1年からレギュラーだったことをみんな知っていましたから、なんとなく男子生徒は気を遣っていた。でも女子生徒からは校内を歩くたび、キャーキャーと歓声が上がり、かなりの人気者でした」

 

 メジャーでも “二刀流” を体現する大谷だが、同級生の共通認識は、今も変わらず「高校時代の大谷翔平」だということだ。

 

「当時の仲間の多くは都内近郊に出ているんですが、翔平が試合で近くに来ると、焼き肉などをご馳走してくれます。その際、脂分の少ない部位を選んだり、アルコールはいっさい飲まずにウーロン茶ばかり注文してます。会食後は真っすぐホテルに戻っていきますよ」(小原氏)

 

(週刊FLASH 2018年5月8・15日合併号)

TOPICS

ランキング

ジャンル