top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

神戸ファッション美術館×東京富士美術館コラボ企画 絵画のドレス|ドレスの絵画 展  「絵画の中に没入するかのような新感覚の体験を」

cinefil

「絵画のドレス|ドレスの絵画 」展は、ファッションをテーマにした日本初の公立美術館である神戸ファッション美術館と、18世紀から20世紀にかけてのフランスを中心とした絵画や写真コレクションが充実している東京富士美術館とのコラボレーション企画です。

東京富士美術館所蔵の絵画や写真の中に登場する人物が身につけている衣装に着目しながら、神戸ファッション美術館所蔵の同時代の服飾作品を併せて展示し、時空を超えて、絵画や写真の世界を追体験して頂けます。
煌びやかで優雅なバロックやロココの時代にタイムスリップして、豪華なドレスをまとい、当時の貴族の生活を体感してみませんか。

神戸ファッション美術館は、18 世紀から 20 世紀にかけての服飾作品をはじめ、マネキンや靴、帽子、扇、傘などの装飾小物を幅広く収集し、その服飾スタイルは「ロココ」「エンパイア」「クリノリン」「バスル」「アール・ヌーヴォー」など多岐にわたっています。

また、東京富士美術館は 16 世紀から 20 世紀の西洋絵画・写真作品を収蔵していて、本展では、ルネサンス絵画から、バロック絵画、ロココ絵画、19世紀の新古典主義・アカデミズムの絵画、19世紀後半の印象派絵画、そして20世紀の絵画・写真などを展示しています。

東京富士美術館×神戸ファッション美術館のコラボ企画、「絵画の中に没入するかのような新感覚の体験を」是非この機会にお愉しみください。
それでは、シネフィル上でも展覧会の構成に従っていくつかの作品をご紹介致します。

第 1 章 18 世紀―貴族文化の興隆

広告の後にも続きます

ヴァトーやラルジリエールといったロココ絵画が、18世紀のファッションを代表する華やかなドレス《ローブ・ア・ラ・フランセーズ》などとともに展示されています。

ルイ・ロラン・トランケス《夜会の後で》1774 年 油彩、カンヴァス 東京富士美術館蔵

《ローブ・ア・ラ・フランセーズ》1775 年頃 フランス シルクブロケード 神戸ファッション美術館蔵

第 2 章 19 世紀前半―フランス革命とナポレオンの台頭

ナポレオン1世の肖像をはじめとする19世紀の新古典主義・アカデミズムの絵画と同時代の煌びやかなドレスの展示。

フランソワ=アンリ・ミュラール《貴婦人の肖像》1810 年頃 油彩、カンヴァス 東京富士美術館蔵

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル