top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

哀川翔 12年ぶりに映画「デコトラ」復活の理由

アサ芸プラス

●ゲスト:哀川 翔(あいかわ・しょう) 1961年、鹿児島県出身。1984年、「一世風靡セピア」の一員として「前略、道の上より」で歌手デビュー。88年に映画デビューして以降、映画「オルゴール」、TBSドラマ「とんぼ」などでアウトロー俳優の地位を確立。ビデオ映画を含め、100本以上の主演作があり、“Vシネマの帝王”と呼ばれる。釣り、ゴルフ、車、カブトムシ飼育など多くの趣味を持つ。主演映画「新デコトラのシュウ鷲」が2月19日(金)イオンシネマ板橋他、全国公開。

「一世風靡セピア」の一員としてデビューし、役者に転向。100本以上の主演作を誇る俳優・哀川翔が、12年ぶりに再始動した最新映画を引っさげて登場! その撮影秘話から趣味のカブトムシまで、余すことなく天才テリーに語り尽くした。

テリー もうすぐ公開の映画(「新デコトラのシュウ鷲」)、拝見しましたよ。

哀川 ありがとうございます。バカバカしいことをド真面目にやってる映画でね。

テリー (共演の柳沢)慎吾ちゃんは「義理と人情を描いた作品だから、見て笑顔になってほしい」ってコメントしてましたね。

広告の後にも続きます

哀川 いやぁ、慎吾ちゃんはすごいんですよ。いきなり変な服でドーンと入ってきて、バーンとやり出しますから。さすがだなって。

テリー タバコの空き箱を使った、お得意の警察のマネとかね。

哀川 アレね、俺吹き出しちゃうから、やめてくんねえかなって、心の中で願ってたんですけど。でも、そのノリが「デコトラ」なんですよね。

テリー この映画、これがシリーズ6作目で、12年ぶりじゃないですか。どうして復活することになったんですか。

哀川 やっぱりデコトラファンって意外と多くて、「もうやらないんですか」って言われたりするんですよ。今回のイベントシーンでも小雨が降る中、みんな集まって、盛り上がってくれて。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル