top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

野村克也が田中将大に伝えたエース論「犠牲的精神、勝利への執念」

週刊ベースボールONLINE

2年目からは高レベルの注文と「非難」



06年から09年まで楽天で指揮を執った野村監督

 名門ヤンキースから移籍した田中将大が、8年ぶりに古巣・楽天のユニフォームを着た。海を渡った2014年から6年連続で2ケタ勝利をマーク。本場で輝かしいキャリアを積み上げている現役バリバリのメジャー・リーガーには連日、熱視線が集中している。一回りも二回りも大きくなって戻ってきたエースには、かつて楽天の監督を務めた恩師・野村克也さんの魂が宿っている。

 日本での復帰マウンドは、実に2666日ぶりだった。2月20日、沖縄・金武ベースボールスタジアムで行われた日本ハムとの練習試合。1回、先頭の松本剛への初球に選んだのは、野村さんが「投手の原点」と言い続けたアウトローのストレートだった。

 一死一、二塁から主砲の中田翔にスライダーを左翼席に運ばれる3ランを浴びたが、田中は意に介さなかった。2イニングで39球を投げ、最速で148キロを計測。メジャーとは微妙に異なるボールやマウンドの土の感触は、想定していたよりもしっくりきた。「この時期にしては思ったよりもスピードが出たし、球数も投げられた。いい段階を踏めていると思う」。本番に向け、上々の滑り出しだった。

 野村さんの一周忌となる2月11日にチームの全体練習に合流。名将からはルーキーイヤーの07年から3年間薫陶を受けたが、今は状況と置かれた立場が違う。田中は「野村監督には、この世界で生きていくための基礎を教えていただいた。最後まで戦い続ける姿勢を見てもらいたい」と、感慨にふけりながらも、新たなステージへの意気込みをにじませた。

 たたき込まれたのは、技術だけにはとどまらないエース論だ。「エースとしっかりとした四番打者がいたら、チームは優勝できる」が持論だった名伯楽は、プロ入りしたばかりの18歳当時の田中に、あふれんばかりの才能と、未来の球界を背負う可能性を見た。

 プロ1年目、高卒ルーキーとしては日本ハムのダルビッシュ有以来となる完封勝利をあげるなど、11勝をマーク。大量失点をしながらも勝利投手となる強運を持つ田中を、野村さんは「マー君、神の子、不思議な子」と言い表した。連敗ストッパーとしてフル回転する姿を、シーズン終盤には「ウチのエース」と称賛。しかし、2年目から一転して、高いレベルの注文と「非難」の嵐を浴びせた。

リーダーにふさわしい前向きな姿勢



今季から楽天に復帰した田中

 スピードガン表示に惑わされないよう、打者の手元で伸びる「本物の真っすぐ」を執ように要求。力任せで投げる一本調子の球は、打者の餌食になりやすい。「投手の価値は、コントロールとボールの切れで決まる」と何度も言い聞かせ、柔らかく、バランスのいいフォームの大切さを何度も説いた。

 マスコミを巻き込み、選手に手厳しい言葉を容赦なく浴びせる野村さんだったが、球界を代表するエースへと階段を駆け上る田中について褒めたことがある。

「マー君は、いつも『絶対に勝つ』という気持ちで1球1球を投げている。本番だけじゃなく、練習のときもそれが伝わる。キャッチボール一つにしてもその重要性を理解できているから、チームにその意気が伝わる」

 アスリートとしての潜在能力以上に、チームリーダーにふさわしい前向きな姿勢を高く買った。

「野球は団体競技」と語る野村さんは、個人の成績以上にチームの勝利を重んじる。痛打されれば悔しさをあらわにし、次はがむしゃらに相手に挑む田中の闘争心に非凡さを感じた。「エースの条件は犠牲的精神に加え、勝利への執念を持っているかどうか。『こいつに任せていれば大丈夫』と信頼される存在になれ」と言い続けた。

 東北大震災から10年目。ヤンキースとの再契約を模索する田中のもとには、他のメジャー球団から魅力あるオファーもあった。しかし、復興に向けて歩み続ける東北を本拠地とする古巣への復帰を決断。田中は「自分にとって意味のあるタイミングだと思った。また日本の方々の前で投げられることにワクワクしている」と心境を述べた。節目のシーズンで、最高峰の舞台へ羽ばたかせてくれた古巣へ、そして日本球界へ“恩返し”をしたいという強い気持ちがにじむ。

 早大からドラフト1位で入団した早川隆久ら期待の若手が、成功した現役メジャー・リーガーの一挙手一投足を見守っている。調整方法はもちろん、立ち振る舞いや野球に向ける情熱も貴重な財産となるだろう。「エースはこうあるべき」という生前の野村さんの投げ掛けは、しっかりと田中が受け取っている。その真髄は、時を経て次の世代へ伝承されようとしている。

写真=BBM

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル