top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「大人のおねしょ」に健康リスク…「迷わず泌尿器科へ」と専門医

女性自身

「大人のおねしょ」に健康リスク…「迷わず泌尿器科へ」と専門医

「おねしょは子どもだけでなく、大人にも存在する症状です。成人の約0.5〜2%が『夜尿症』に当てはまるといわれていますが、自分がおねしょしているということを隠したがる人もいますから、潜在的にはもっと多くの人が悩んでいると考えています」

 

小さいころは誰もが経験するおねしょ。6歳を過ぎても週1回以上おねしょを繰り返すと「夜尿症」と診断される。そんな症状で悩んでいる大人が50人に1人もいる、と冒頭のように語るのは、大人の夜尿症を多く診察してきた「おとなとこどもの仙川泌尿器科」の上杉達也院長だ。

 

「おねしょは成長とともに自然になくなっていきます。10歳以上で5%まで減っていきますが、なかには成人してもおねしょが続いてしまう人も(一次性夜尿症)。また、成人になってから夜尿症が起きること(二次性夜尿症)も珍しいことではありません。しかし、大人の夜尿症は“深刻な病気”が原因で引き起こされていることが多く、“単なるおねしょ”と看過してほしくないのです」

広告の後にも続きます

 

では、夜尿症にはどんな「大病のサイン」が隠されているのか、上杉先生に解説してもらおう。

 

■加齢による骨盤へのダメージ

 

女性に増えているのが、年齢を重ねることで引き起こされる夜尿症だという。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル