top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

自閉症(広汎性発達障害)とはどんな病気? 症状がでるのは何歳から?

ママテナ

自閉症(広汎性発達障害)とはどんな病気? 症状がでるのは何歳から?(C)ママテナ 発達障害のひとつ、自閉症。
コミュニケーションが苦手で、自分独自の強いこだわりがあるなどの特徴があげられます。
何歳頃にわかるのか、どういった対応をすればよいのかなどについて解説します。

臨機応変に動くことが難しい

自閉症とは、広汎性発達障害に分類される障害です。

知的な遅れを伴う場合もあれば、そうでない場合もあります。

知的障害や重症度によってさらに細かな分類があり、自閉症、アスペルガー症候群、非定型自閉症をあわせて「自閉症スペクトラム障害」と呼びます。

青年期には、注意欠陥障害や、学習障害、てんかんを合併しやすくなります。

広告の後にも続きます

自閉症の特性は、臨機応変な対人関係が苦手で、自分の関心、やり方、ペースの維持を最優先させる志向が強いことです。

そのため、特性が強い人は社会生活において支障が出ます。

また、特性が強くない人は、繊細なため人と自分の違いに傷つきやすく、いじめ被害の対象になることもあります。

自閉症の人が快適に社会生活を送るためには、周囲が正しく自閉症を理解することや、協力が欠かせません。

3歳前後で診断されるケースが多い

自閉症には、下のような3つの特性があります。

このうちのなんらかの症状がだいたい3歳までにみられます。



  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル