top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

『過去はいつも新しく、未来はつねに懐かしい 写真家 森山大道』公開に関連し、60s,70sの貴重な未発表含む初期の代表的モノクロ作品約60点の写真展開催が決定!

cinefil

2021年4月30日(金)より新宿武蔵野館、渋谷ホワイトシネクイントほか全国順次公開となるドキュメンタリー映画『過去はいつも新しく、未来はつねに懐かしい 写真家 森山大道』に関連しまして、写真展の開催が決定致しました。

「記録 第2号」

本展は、1960年代から1970年代に制作された森山の初期の代表的な作品の貴重なヴィンテージ・プリントを約900点所蔵している東京工芸大学写大ギャラリーにおいて、「森山大道 写真展『衝撃的、たわむれ』写大ギャラリー森山大道アーカイヴより」と題して、3月22日(月)〜5月31日(月)に開催されるものです。

映画内では、森山のデビュー作「にっぽん劇場写真帖」(1968年)復刊プロジェクトが描かれますが、まさにその「にっぽん劇場写真帖」からの作品や、写真集「狩人」(1972年)、カメラ雑誌、個人誌「記録」などに発表されたもの、さらに未発表のプリントも今回の展示に含まれています。
また、本展示開催にあわせ、『森山大道写真集成5 1960-1982 東京工芸大学 写大ギャラリー アーカイヴ』 (月曜社)が発刊されます。写大ギャラリーに収蔵されているすべての森山作品と詳細な作品リ ストが掲載されます。

「日本三景その2」安芸の宮島

広告の後にも続きます

「provoke 第3号」

「にっぽん劇場写真帖」にっぽん劇場

「にっぽん劇場写真帖」ショウの底辺

「狩人」暁の1号線

日本を代表する写真家として1960年代より活躍する森山大道。近年では、ニューヨーク、パリ、ロンドンなど、海外の美術館で大規模な展覧会が開催され、世界各地で写真集が出版されるなど、国際的な評価も高まっており、2021年春は森山の活動を映画、展覧会両面から知ることのできる貴重な機会となります。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル