top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

dブックで無料配信中!『この音とまれ!』廃部寸前の箏曲部で繰り広げられる青春ストーリー

エンタメウィーク(マンガ)

dブックで無料配信中!『この音とまれ!』廃部寸前の箏曲部で繰り広げられる青春ストーリー

廃部寸前で不良のたまり場となっていた箏曲部。たった1人で箏曲部を守っていた部長の倉田武蔵の前に現れたのは、暴力事件を起こしたと噂になっている素行不良の新入生、久遠愛(くどうちか)。どう見ても箏とは縁の無さそうなチカに不信感を募らせる武蔵だったが、チカにはどうしても箏曲部に入部したい「ある理由」があって…!?

過去のトラウマを乗り越え、絆を結んでいく箏曲部員達が、底辺レベルから全国大会1位を目指す物語、『この音とまれ!』。「これぞ青春!」と胸を張って言える、熱血系文化部ストーリー!

今ならなんと無料で1巻から10巻まで丸ごと読めちゃうキャンペーン中! ぜひ心が熱くなる青春ドラマの傑作を読みまくっちゃいましょう!


つまづき、そして成長する…まさに青春ど真ん中!


主人公であるチカは、お世辞にも優等生とは言えません。髪も染め、見た目はただの不良です。しかし、彼には箏に対する並々ならぬ執着があります。何故なら、チカの祖父が箏職人だったから。不良だったチカの唯一の理解者だった祖父。しかし祖父はチカが過去に関わった「ある事件」の直後に亡くなってしまい、そのためにチカは祖父が愛した箏と向き合うようになります。

しかし、いくら祖父が箏職人だったからといっても、チカは箏に対して全くの初心者!そこでチカと大きく関わりを持つことになるのが、ヒロインでもある箏の天才少女・さとわです。
さとわにもまたトラウマがあり、最初はどうせ不良のチカがまともに箏をやるわけがないとバカにしたような態度を取ります。…が!チカはめげない!できないのなら練習すればいいんだと、どこまでも前向きなチカに、頑なだったさとわの心も少しずつほぐれていきます。心に負った傷のせいで、箏を楽しいものだと思えなくなっていたさとわが、仲間と共に音を合わせる素晴らしさに気付き、自身もまた成長していく…これぞ青春と言わずとして何と言えばいいのでしょうか!

箏曲部に集まった部員達は半分以上が素人で、少しのことでつまづいてしまいます。しかし、仲間に支えられ、困難を乗り越えていく彼らの姿は眩しいほどに真っ直ぐで、その度に涙腺が緩むことでしょう。

「若さ」という可能性に満ちた彼らのひたむきさは、自分もこんな高校生活を送りたかったと羨ましくなってしまうほど。ぜひこの感動ストーリーを目に焼き付けてください!その際は、涙を拭うアイテムを忘れずに!

マンガから音が聞こえる!? 大迫力の演奏シーンにも注目!


忘れてはならないのが、作中で箏を演奏するシーン。もちろん、マンガからは音が聞こえてきませんので想像するしかありません。メジャーな楽器とは言い難い箏の音が、マンガから伝わってくるのか?と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、ページをめくった瞬間にそんな心配は吹き飛んでしまうことでしょう。

指先の動きや、空気の震える感覚、1コマ1コマからビリビリと五感を刺激してくるのは、聞こえるはずのない箏の音!読者の想像力を遥かに上回り、「箏ってこんなにすごいんだ!」と納得されられてしまう圧巻の演奏シーンは鳥肌モノ間違いなしの大迫力です。あまりのすごさに、読み終えた後に作中の観客と同じように放心してしまうことも。
文化部でありながらまるでバトルマンガのような熱量に圧倒される本作は、まさに少年マンガの王道と言っても過言ではありませんが、作者のアミュー先生は少女マンガ出身の方。そのためか、絵柄や登場人物の心理描写もとても丁寧かつ繊細なのが本作の魅力でもあります。

少年マンガと少女マンガを絶妙にミックスさせ、高校生達の青春を眩しく描く『この音とまれ!』。ライバル校も多数現れ、手に汗握る大会の行く末や、部員達の恋愛模様からも目が離せなくなる本作で、とびきりの青春を感じてください!

■タイトル:この音とまれ! 1~10
■出版社:集英社
■無料期間:2021年3月12日~3月18日まで

いますぐ見る

⇒dブック購入者限定! dポイントプレゼントキャンペーン実施中
キャンペーンにエントリー後、ギガホ申し込みをするとdポイント4,000ptがもらえるチャンス! いますぐチェック!


TOPICS

ランキング(マンガ)

ジャンル