top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

“長嶋茂雄”になれずも“記憶に残る”選手に。ファンに愛された巨人の“絶好調男”は

週刊ベースボールONLINE

日米野球で頭角を現す



巨人・中畑清

 人気絶頂の時期、デパートのサイン会に呼ばれると、ファンが殺到。気遣う係の人が入場制限を申し出ると、「大丈夫、右手が動かなくなったら左手で書きますから。どんどん入れてください」と笑顔で答えた男だ。底抜けに陽気で、常に応援してくれるファンへの感謝を忘れなかった中畑清。だからこそ、最後の最後まで全力プレーを続けたのだろう。

 駒大時代は強打のサードで鳴らし、人呼んで“東都の長嶋茂雄”。同期の二宮至、平田薫と、“駒沢三羽ガラス”とも言われた。視力が悪かったので、度付きのサングラスでプレーし、話題になったこともある。

 ドラフトでは、事前に巨人の1位確定と報道されていたが、結局は3位。「なぜ、高校生(1位・篠塚利夫。銚子商高)の下なんだ」と憤った。その後、スカウトに説得され、ドラフトで指名されなかった二宮、平田をドラフト外で入団させることを条件に入団を決めている。

 しかし、厚い巨人の選手層の中でなかなか一軍出場のチャンスに恵まれず、1年目にはイースタンの新人王になるも一軍出場はなし。オフには大学時代から付き合っていた恋人と“大恋愛結婚”し、夫人のためにもと一軍定着に燃えたが、77年が7試合、78年が5試合のみ。ほぼファーム暮らしだった。

 頭角を現したのは78年オフ、レッズとの日米野球だ。メンバーに選ばれた中畑は途中出場ながらソトから2ラン。「試合前、コンタクトをなくしちゃって。急きょ、かあちゃんに新品を持ってきてもらった。それをつけたら、いつも以上に球が見えてね。愛のパワーだね」と上機嫌。クラウンライター(79年から西武)へのトレードがほぼ決まりかけていたのだが、この一発で“巨人・キヨシ”は首の皮一枚つながった。

 このころから口グセにしていたのが「絶好調!」だ。長嶋監督に「調子はどうだ」と聞かれた際、「まあまあです」と答えた中畑に、土井正三コーチに「そんなんじゃ、使ってもらえないぞ。いつも元気よく『絶好調です』と答えろ」と言われたのがきっかけとなった。チャンスをつかむため、そして自身にプレッシャーをかけるための言葉とも言えるだろう。

 翌79年に高田繁のケガもあって、三塁のレギュラーをつかみ、打撃も好調を維持。「アラはたくさんあったけど、長嶋監督が抜擢してくれた。少々のミスも我慢して使い続けてくれたしね。あの監督の決断があったからこそ今の俺がある」と中畑は振り返り、のちのちまで長嶋監督に感謝した。新人王の可能性もあったが、中日・小松辰雄の速球を右人さし指に受けて骨折し、戦線離脱となって届かなかった。

現役最終の日本シリーズで本塁打



89年近鉄との日本シリーズ第7戦で代打本塁打

 地獄と形容された伊東キャンプを乗り越えた80年には、初の規定打席到達。しかし、オフには敬愛する長嶋監督が無念の思いを抱きながら、ユニフォームを脱いだ。中畑への逆風も吹いた。大学球界No.1三塁手・原辰徳が入団。ポジション争いが注目されたが、新監督・藤田元司の気持ちはキャンプから揺るがなかった。中畑三塁、原が二塁である。

 長嶋の代名詞でもあった「巨人の四番・サード」についに中畑が座った81年だが、開幕1カ月で負傷離脱。代わりに入った原の活躍で、復帰後は一塁に。それでも打率は.322と好調を維持、原の代わりに二塁に戻った篠塚の打撃好調もあって、すべてがうまく回転し、優勝、さらに日本一にも輝いている。

「悔しいけど、俺がケガしたからすべてうまく回ったんだね。なぜか俺は、その後もそういうことが多いんだよね」と苦笑した。

 82年から88年までは一塁でダイヤモンドグラブを獲得と、守備にも定評があったが、83年にはレジー・スミスの加入で外野転向話もあった。それでも男の意地で、春季キャンプにはファーストミットだけを持って参加。シーズンに入ると、駒田徳広の台頭、さらには、またも自身の負傷離脱があったが、復帰後は勝負強いバッティングもあって、今度はポジションをしっかり死守、再びリーグ優勝に貢献した。また、最終的には敗れこそしたが、西武との日本シリーズで劇的なサヨナラ安打も放っている。

 84年には初の全試合出場で、自己最多の31本塁打。選手会の会長にもなり、翌85年には労働組合となった選手会の初代会長にもなった。

 87年、東京ドーム初年度には.321と高打率。広いドーム球場で、よりヒット狙いに集中したことも奏功した。ケガで離脱の時期もあったが、一時は首位打者争いにも加わる活躍を見せ、復帰後は規定打席到達のため一番にも入っている。

 しかし、三塁に再コンバートされた89年はケガもあって一気に出番が激減。それでも腐ることなく、ベンチで声を出し続けた。引退を決意し、最後の試合は近鉄との日本シリーズ第7戦だ。6回表に代打で出場し、吉井理人からダメ押しとなる本塁打。まさに万感の一発だった。笑顔でベンチに戻った中畑だが、ベンチ裏に駆け込むと男泣きに泣いた。

「俺は長嶋さんみたいな選手には絶対なれないけど、記録より記憶に残る選手になりたい」といつも語っていた中畑。その思いは、確かに現実のものとなった。

写真=BBM

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル