top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

コロナ禍で広がる資産格差 給付金10万円の「使い道」でこれだけ差がでた!

J-CAST会社ウォッチ

ようやく日本でも医療従事者を対象にしたワクチンの接種が始まりました。国内で初めての感染者がでたのは2020年1月のこと。この記事を書いている2021年2月は、すでに1年以上経過していることになる。

周知のとおり、実態経済は業種によってバラつきはあるものの、大打撃を受けている。もちろん、日本だけでなく世界各国で似たような状況だ。

お金が市場に溢れると価値は薄まる!?

この1年、世界各国の政府や中央銀行は低迷する企業の資金繰りや雇用を下支えするために財政出動や金融緩和を行ってきた。たとえば日本銀行だと2020年12月末での総資産は702兆円となっており、1年前と比べて23%も増加している。主な内訳をみると、国債と貸出金の増加が大きく影響している。国債は政府が新型コロナウイルスへの対応で補正予算を組むため、短期国債を大量発行して日銀がこれを吸収したことによる。貸出金は企業の資金繰りを支援するために、積極的に増やしたことによる。こうしてどんどん流通するマネーが増えていくのだ。

ちなみに各国の中央銀行の総資産の増加率に着目すると、米連邦準備理事会(FRB)は7.3兆ドル(約750兆円)で77%増、欧州中央銀行(ECB)は49%増の7兆ユーロ(約880兆円)となっている。なんとも凄い金額だ。 市場に流通するマネーが増えることは、お金の価値が薄まることを意味する。つまり現金として持っていてはお金を実質的に減らしているのと同じことになる。 じつは、この本質的な意味を知っているか知っていないかで、ますます資産格差は広がる。

大きな流れを知っておくとお金が増やせるかも……


溢れるマネー

わが家も2020年6月に給付金10万円が家族4人分、合計40万円支給された。使い道は家庭によってさまざまだと思うが、わが家の場合はコロナ禍の影響もあり支出が減っていたことから投資に回すことにした。

広告の後にも続きます

子供たちは米国株を買い増すことにした。詳しくは過去記事を見てほしい。

国からもらった10万円。何に使うかは個人の自由だ。投資に回した人も一定数いるだろう。反対にせっかくもらったお金だからと預金口座に入れっぱなしの人もいるだろう。では、両者でどれだけ差が出たのだろうか? いくつかの投資先で比較してみた。2020年6月1日に10万円分購入したとして2021年2月1日での評価額を列挙していく(手数料などは考慮していない)。

・日本株(ひふみプラス) 12万2500円
・米国株(eMAXIS Slim 米国株式〈S&P500〉) 11万9600円
・全世界株(eMAXIS Slim 全世界株式〈オール・カントリー〉) 12万3600円
・ビットコイン  31万7800円
  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル