top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

「プチトマト」はすでにこの世に存在しないらしい

Jタウンネット

[ちちんぷいぷい-毎日放送]2021年2月17日放送の「へえ~のコトノハ」のコーナーでは、同じものだと思いきや厳密には違う食べ物について調べていました。

日本言語文化学会会長石井隆之さんによると、「パスタ」とは「小麦粉をこねて作るイタリアの麺類の総称」で、「スパゲティ」は「パスタの一種で太さ2mm前後の細長い麺」のことだそう。

このように番組では、「厳密にはイコールではない食べ物」について、石井さんとスーパーの店内を巡りながら探していました。


このトマトのこと、なんて呼んでる?

「つみれ」と「つくね」どう違う?

そこで見つけたのは「つみれ」と「つくね」。みなさんは違いがわかりますか?

石井さんによると「違いには『動詞』が関係しています」。「つみれ」は「つみいれる」=ひと口大に摘み取る(分ける)こと。一方「つくね」は「つくねる」=丸くこねる(しっかりと丸いもの)とのことでした。

広告の後にも続きます

つまり、丸くしないのが「つみれ」で、丸くしたのが「つくね」なのだとか。

「ミニトマト」と「プチトマト」の違いは?

「ミニトマト」「ミニ」は英語で、「プチトマト」の「プチ」はフランス語。どちらも「小さい」という意味です。

TOPICS

ランキング(くらし)

ジャンル