top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

中川翔子、『鬼滅』胡蝶しのぶイラストを披露 驚愕のクオリティに

fumumu

22日、タレントの中川翔子さんが自身のYouTubeチャンネル『中川翔子の「ヲ」』(登録者数49万人)を更新。劇場版映画が社会現象となり、続編アニメ『遊郭編』の放送も決まっている『鬼滅の刃』の人気キャラを描きました。


■5分で胡蝶しのぶをお絵かき

この日、チャンネルでは5分でイラストを描く企画を実施。使うのは筆ペンで、描くキャラは『鬼滅の刃』胡蝶しのぶです。

「胡蝶さん…意外とね、難しいお顔立ちなんで」「特徴が結構ある」「できるのかな?」と、不安な様子を見せる中川さん。しかし、実際に描き始めると、迷いなくペンが動きます。


関連記事:中川翔子、辛さ5倍の中本に水なしで挑戦 涙の完食に「スゴい!」

■見事に描いてしまう

広告の後にも続きます

胡蝶しのぶと言えば、瞳が紫のグラデーションになっているのが特徴。黒の筆ペン一本で表現するのは相当難しいと思われますが、中川さんは50秒程度時間をかけて見事に目を表現。

その後は勢いよく髪の毛、輪郭、服装などを描いていき、最終的には隊服や髪の毛の塗り、蝶を3匹飛ばす演出も。描き終わったあとは「ムジー!」「スゴいむずかったですね」「目の感じと鼻の感じ、特徴が難しいですね」と振り返った中川さんですが、5分一発描きとは思えないクオリティとなりました。

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル