top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

バルサが陥った自滅のループ。OBから「終わり」「戦力不足」と厳しい声

web Sportiva

 2月21日、バルセロナは本拠地カンプノウでカディスと対戦し、終盤に追いつかれて1-1の結果に終わった。昇格組にも勝ち切れず、首位アトレティコ・マドリードとの勝ち点差は8で、リーガ・エスパニョーラ優勝は厳しくなってきた。

「果てしなく続く自滅」

 スペイン大手スポーツ紙『アス』の見出しは強烈だ。チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦の第1戦、同じく本拠地でのパリ・サンジェルマン(PSG)戦で1-4と大敗したことを揶揄していた。

 ここ数年、バルサはCLの正念場で一敗地にまみれてきた。

 2016-17シーズンにはユベントスに3-0(2試合合計、以下同様)、2017-18シーズンにはローマに3-0、2018-19シーズンにはリバプールに4-0、そして2019-20シーズンはバイエルンに2-8と惨敗しているのだ。

広告の後にも続きます

 PSG戦は、”たまたま”大敗したわけではない。

「バルサは老いた。サイクルの終わりだ」

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル