top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

なぜ左利き選手のことを「サウスポー」っていうの?

Jタウンネット

[みみよりライブ5up – 広島ホームテレビ] 2021年2月10日放送の「晴れのちあやね」のコーナーでは、サウスポーの語源について取り上げていました。

2月10日は、頭に0を付けて0210。0(レ)2(フ)10(ト)の語呂合わせで「レフトの日」なのだそうです。

スポーツの世界では左利きのことを「サウスポー」といいますが、これは野球から発祥した言葉だといわれています。

広辞苑で「サウスポー」を引いてみると、southが南部、pawが腕ということで、アメリカ南部出身の大リーグ所属投手に左利きが多かったことが由来している、と記載があります。

ただこの「サウスポー」にはもう一つ説があるんです。


サウス、ポーなんだ(画像はイメージ)

「サウスポー」は天気と関係がある?

広告の後にも続きます

その説とは、天気と関係がある、というもの。

野球場は西日が眩しくないように、ホームベース側を西に向けるのが望ましいとされています。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(くらし)

ジャンル