top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

炎上の古川優香がさんこいち解散の経緯を再度説明。解散切り出したのは「ほりえりく」

yutura

3人組YouTuberグループ「さんこいち」(登録者数137万人)の解散をめぐって現在炎上中の「古川優香」(同74万人)が今月22日、改めて経緯を説明する動画を投稿。
炎上後はじめて、動画への高評価が低評価を上回りました。

解散発表、1月に活動終了へ

2021年1月1日に公開された動画「さんこいち解散します。」の中で、さんこいちは1月31日をもってグループでの活動を終了すると発表。
メンバーの「ほりえりく」(登録者数21万人)はこの2日後、グループ活動の終了にあわせて、YouTuberを引退する考えも明らかにしていました。

その一方で、動画内での態度などをめぐってメンバーの「古川優香」と「やっぴ」(同36万人)がグループの解散を主導したとの疑惑が持ち上がったことで炎上。
グループが解散した1月31日の深夜、ほりえりくがツイキャスで涙ながらに「ほんと言うとまだ(YouTube)やめたくない」との思いを語ったこともあって2人への批判の声はさらなる高まりを見せるなど、なんとも後味の悪い解散となっていました。

関連記事
さんこいちが動画投稿の終了を発表
さんこいちが卒業動画を公開 ほりえりくは「ほんと言うとまだやめたくない」と涙

解散について再度説明

解散の1週間後、それぞれのYouTubeチャンネルで動画を公開し、解散をめぐる疑惑への謝罪と活動再開を発表した古川優香とやっぴ。
ところが視聴者からは「鎮火のための一時休止」「不快」といった厳しいコメントが多数寄せられており、その後公開した動画も軒並み低評価率が70%を超えるなど、炎上状態が続いていました。
(関連記事「さんこいち・やっぴの整形金額は1000万以上。動画は7本連続で低評価率70%超え」)

広告の後にも続きます

こうした中で古川優香は22日、自身のYouTubeチャンネルで動画「ぺえとお話しました」を公開。
さんこいち解散とその後の古川の謝罪に「響かない」「もやもやする部分があった」とストレートな意見を語る親友の「ぺえ」(登録者数24万人)がゲストとして出演し、さんこいちの解散をめぐる経緯について、改めて説明がなされました。

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル