top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

「バルセロナではミスすると誰も話してくれない…」 孤独だったマテューが苦言

Qoly

ラ・リーガ第24節、バルセロナは格下カディス相手に1-1で引き分けてしまった。

終了間際にPKを与えたフランス人DFクレマン・ラングレに一部から批判が浴びせられている。

そうしたなか、同じフランス人である元バルサDFジェレミ・マテューは彼に同情を寄せた。マテューは2014~2017年までバルサに所属し、91試合に出場したDFだ。『RAC1』でこんな話をしていたそう。

ジェレミ・マテュー(元バルセロナDF)

「ミスをした後、バルサで話しかけてくれるのはチャビかセスクだった。何もなかった、次はもっとうまくやろうと。

彼らはポジティブに話しかけてくれた。そういうものが(今の)バルサのロッカールームに少し欠けているのは事実だ。

(バルサは)そういうものであること、やや孤独であることを学ばなくてはいけない」

「バルサ内部のロッカールームがどんな感じかは知られていない。

自分はバルサのロッカールームでやや孤独だった。誰も寄り添ってくれない。個人的にいえば、クラブサッカーではない。

(ミスした選手を)誰もが殺す、それもサッカーの一部だ。状況を好転させるためにポジティブにならなければいけない」
「(バルサでの)最後の年は自分も苦境にあった。

自分のせいでトリノで負けた。自分は殺された(叩かれた)が、サッカーは11人でプレーするものだと理解している。

楽しむためにスポルティング・リスボンに行った。

スポルティングでは何か起きた時には誰かが話しかけてくれた。だが、バルサでは一切なかった。

自分にはちょっとした愛情が必要だったんだ。

例えば、大きなミスをした時には翌日に誰も話しかけてこない。ルイス・エンリケもね」

彼が言及していたのは、2016-17シーズンのUEFAチャンピオンズリーグ準々決勝のユヴェントス戦。

敵地での一戦にマテューは左サイドバックとして先発起用されるも、前半に2失点すると後半からベンチに下げられた(結果はバルサが3-0で敗戦)。

広告の後にも続きます

バルサにはミスをした選手をフォローする空気がなく、孤独感を感じていたそう。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル