top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

川上と川下で備えは違う!覚えておこう川のエリア別防災

防災ニッポン

日本では、台風や梅雨、低気圧などの集中豪雨によって水害が頻繁に発生します。特に川沿いで起こりやすく、川の場所によって起こりやすい水害も異なります。

 

住まいや職場が川の近くにある場合、自分がふだんいる場所にどのような水害のリスクがあるのか正しく理解して備えておきましょう。今回は、川の全域、上流~中流、下流~河口にわけて、エリアごとに注意すべき水害を紹介します。

川が近くある場合 すべての人が注意すべき災害

住まいや職場が川の近くにある場合、すべての人が注意すべき災害として、大雨による河川の氾濫・浸水や堤防の決壊による浸水があります。それぞれの災害について解説します。

大雨による河川の氾濫・浸水

最初に「氾濫」と「浸水」について説明しておきます。大雨などによって川の水量が多くなり、河川から水があふれて氾濫することを「洪水」と呼びます。

広告の後にも続きます

一方、洪水や大雨によって住宅や農地が水に浸(つ)かることを「浸水」と呼びます。
ちなみに、洪水と浸水では、対象となる警報が異なります。

TOPICS

ランキング(くらし)

ジャンル