top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

VRの国際映画祭「Beyond the Frame Festival」第一回グランプリが決定!園子温、VR映画は「僕らがやってきたこととは違うことが今から始まる」次は、VRで「世界一素敵な恋人を作りたい」

cinefil

VR映画の上映・コンペティションを行う日本初の国際映画祭「Beyond the Frame Festival(ビヨンド・ザ・フレーム・フェスティバル)」が2月21日(日)に最終日を迎えました。

イベント最終日となる昨日2月21日(日)はクロージングセレモニーをオンラインにて実施しました。ショーケース形式で選出された全18作品から3つのアワードが決定。
グランプリには、ある夏の午後、親戚一同がおばあちゃんの家に集まり、彼女とのひと時を過ごす家族の物語「HOME」とインドネシアの首都ジャカルタのとある路地で暮らす、ジャワ人の家庭を描いたアニメーション作品「Replacements/諸行無常」が受賞しました。
また、VRの特性を活かしながら、 最も優れたストーリーを持つ作品に与えられる賞VR Story Awardには、1935年に広島からカナダに渡った沖田米三が、戦争や強制収容所での体験を乗り越えて生きていく姿を、彼の孫である監督が制作した「The Book of Distance」。
VRの特性を活かしながら、最も優れた体験を提供する作品に与えられる賞VR experience Awardには母の胎内で紡がれる、親子の物語をアニメーションで表現した「MOWB」が受賞しました。

審査員を務めた園子温は「VRの可能性を感じさせてくれた」、大宮エリーは「映画では得られない感動、VRだからこそ、心の奥まで染みこむ不思議な体験をさせてくれた」、福田淳は「VR映画祭というと、アニメばかりになると思っていたら、実写が思いのほか多くて、新しい映像体験になったと思う」と総評しました。今回、映画祭アンバサダーを務めたコムアイも「もともとVRに懐疑的だった自分の世界が開けた気がする」とVRの可能性に触れ、それぞれの感性を刺激された様子。さらに園は「映画監督の人はVRを否定するひとが多いかもしれない。(VRは)映画を破壊する恐れもある。どんどんVRが進化して、映画よりもさらに新しい表現のジャンルとして確立していくのはいいと思いました。僕らがやってきたこととは違うことが今から始まる。映画は四角いスクリーンを見ている、二次元なので、不自由さからは脱出できませんから、肉体の限界を超えるところにVRのすごさがあると思います」と映画監督ならではの視点でも意見を述べ、イベントの最後には、それぞれ制作してみたい作品にも触れ、園子温は「新幹線に6時間乗っているやつとかさりげないVRを観てみたい気がする」と言いつつ、最後は「まずは世界一素敵な恋人を作るところからはじめたいです(笑)」とVRを使った作品創造に意欲を見せました。

イベント終盤では、グランプリを受賞した「HOME」の監督HSU Chih-Yenが、映画にも出演していた自身の子供として登場し、VRゴーグルポーズを決めたフォトセッションが実現。オンライン開催だからこそ登場した、小さなサプライズゲストの登場に出演者一度和みながら、第一回を迎えた映画祭が閉幕しました。
尚、本イベントを含めた全8回のイベントは、YouTubeにてアーカイブを3か月間配信します。

広告の後にも続きます

Beyond the Frame Festival
(ビヨンド・ザ・フレーム・フェスティバル)

Beyond the Frame Festival 2021 クロージングセレモニー 
2月21日(日)19:00~20:30 *オンライン
登壇者 :
KOM_I(歌手・アーティスト)*映画祭アンバサダー
園子温(映画監督、脚本家)*審査員
大宮エリー(作家、画家)*審査員
福田淳(ブランド・コンサルタント、株式会社スピーディ 社長)*審査員
ナビゲーター:届木ウカ(Vtuber)

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル