top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

前田敦子、生見愛瑠[イベントレポート]スニーカーベストドレッサー賞受賞!

Pop'n'Roll

<SNEAKER BEST DRESSER AWARD(スニーカーベストドレッサー賞)2021 授賞式・記者発表会>が、“スニーカーの日”でもある本日2月22日(月)に開催。本記事では、オフィシャルレポートをお届けする。

【画像はこちら】

第4回目の開催となった今回の授賞式では、“女優部門”は元AKB48でセンターを務め、現在は多くのドラマや映画で主演を務める前田敦子、“俳優部門”はTHE RAMPAGE from EXILE TRIBEのボーカルとして活躍する一方で、俳優としても演技力が評価されている川村壱馬、“モデル部門は“めるる”の愛称で親しまれ、モデルとしてだけではなく数々のバラエティ番組でも活躍し“バラエティ界のニューヒロイン”としても大注目されている生見愛瑠、“芸人部門”はスニーカー好き芸人として知られ、さまざまなメディアのスニーカー特集に出演、スニーカーの知識やエピソードでスニーカー界を盛り上げている松尾駿’チョコレートプラネット)が受賞し、表彰された。

さらに本年度は、歩きやすい靴を履き、日常生活の中でも仕事の合間や休憩時間を利用して歩くなど、手軽に運動機会を確保することができる“スニーカービズ”を“新たな県民運動”として積極的に実施している福井県を“特別賞”に選出、福井県代表として杉本達治福井県知事(※代理登壇:東京事務所長 吉田啓介)を表彰した。

前田敦子はスニーカーベストドレッサー賞を受賞し、“スニーカーは本当に好きで、AKB時代も、レッスンの時はもちろんスニーカーでしたし、学生時代にも履いていましたし、母になった今も、たくさん履いているので、このような素晴らしい場に呼んでいただけて、とても光栄です”と喜びをコメント。

前田敦子<SNEAKER BEST DRESSER AWARD(スニーカーベストドレッサー賞)2021 授賞式・記者発表会>(2021年2月22日)

広告の後にも続きます

川村壱馬は、“僕は私服がスーツのセットアップやコートなど、フォーマルなことが多いので、その中で外しとしてスニーカーを履きます。キメすぎていない感じが好きですね”と自身の私服との相性に交えて、スニーカーの魅力を語った。

川村壱馬<SNEAKER BEST DRESSER AWARD(スニーカーベストドレッサー賞)2021 授賞式・記者発表会>(2021年2月22日)

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル