top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

感染者「下げ止まり」で宣言解除はどうなる? 「東京五輪のため検査を減らしていた」ってホント?(1)

J-CAST会社ウォッチ

緊急事態宣言が2021年2月7日に延長されてから2週間。新型コロナウイルスの新規感染者数はかなり減ってきたが、ここにきて減少傾向に「下げ止まり」がみられるという。

そもそも、この急速な減少傾向、

「東京五輪を見越して検査数を減らしているためでは」

と、疑問視する人も多い。

いったいどうなっているのか。はたして、緊急事態宣言は予定どおり解除できるのだろうか――。

東京、神奈川、大阪… 8都府県にリバウンドの前兆

2度目の緊急事態宣言が延長された10都府県の感染者数の減少ペースが鈍化しているばかりか、リバウンドとみられる動きさえ見せていると報じるのは、産経新聞(2月20日付)「緊急事態宣言の8府県 感染者減少ペースが鈍化」という見出しの記事だ。

「緊急事態宣言が延長された10都府県のうち、愛知と岐阜を除く8都府県で、直近1週間と前週1週間の新規感染者数を比較した『前週比』が上昇していることが、厚生労働省が2月19日に公表したデータでわかった。新規感染者数は減少傾向ではあるが、減少ペースが鈍化していることがうかがえた」

広告の後にも続きます

具体的には、次のような状態だ。

「人口10万人当たりの新規感染者数は、10都府県すべてで減少。しかし、新規感染者の前週比(前の週の同じ曜日の数を比較)を見ると、愛知と岐阜は下降している一方、埼玉、千葉、東京、神奈川、京都、大阪、兵庫、福岡の8都府県で上昇。このうち東京と福岡を除く6府県は前週発表のデータでは下降が確認されていたが、上昇に転じた。宣言の対象地域外でも、新規感染者数が26道県で減少したが、前週比では20道県で上昇した」

というのだ。

TOPICS

ジャンル