top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

コロナ禍でも「働きがいのある会社」に選ばれたのはシスコシステムズ、コンカー、そして…… 

J-CAST会社ウォッチ

2021年、コロナ禍でも「働きがいのある会社」の1位に選ばれた会社(従業員規模1000人以上の大規模部門)は、ネットワークシステムやソリューション販売などを提供する「シスコシステムズ」だった。

100~999人の中規模部門は、経費精算、請求書や出張管理のクラウドサービス事業を展開する「コンカー」、25~99人の小規模部門は格安・大量の動画制作サービスの「フラッグシップオーケストラ」が1位に輝いた。

世界約60か国で、「働きがいのある会社」を世界共通の基準で調査・分析しているGreat Place to Work(R) Instituteの日本法人(GPTWジャパン)が、日本の「働きがいのある会社 2021年版」ランキングを、2月16日に発表した。

在宅勤務、テレワークの実施がカギ

日本における「働きがいのある会社」ランキングは、今年で15回目の発表。この1年は多くの企業が新型コロナウイルスの影響を受け、働き方やマネジメントの在り方が激変した。そんな状況でもさまざまな創意工夫を凝らし、依然として従業員の高いエンゲージメントを引き出している企業、全160社がランキングに名を連ねている。

GPTWジャパンでは、

「規模を問わず、在宅勤務、テレワークを実施している企業で従業員の満足度が高い」

広告の後にも続きます

としている。

さらに、特別休暇の実施やフレックス制度の本格導入、職場レイアウトの変更、各事業所に対策キットの配備、PCR検査費用の会社の8割負担、在宅勤務での各種支援金の負担などの取り組みが従業員に高く評価されている、と分析している。

TOPICS

ジャンル