top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

心をゆるした「へそ天」猫がてんこ盛り! 猫好きに大好評の写真集『へそ天にゃんこ2』が「めっちゃかわいくて、何回見ても癒される」

ダ・ヴィンチNEWS

『へそ天にゃんこ2:心のマッサージ めいっぱい!』(編・著:すむぞう/三笠書房)

 2月22日の今日は「猫の日」! ということでおすすめしたいのは、ちょっと変わった猫たちの姿を楽しめる写真集『へそ天にゃんこ2:心のマッサージ めいっぱい!』だ。ネット上で「かわいいへそ天にゃんこがいっぱい! 無防備でリラックスしている姿に癒されます」「みんなかわいいへそ天ばっかりで癒されっぱなし!」「どの写真もめっちゃかわいくて、何回見ても癒されます」と大きな話題を呼んでいる。

「犬はどんな感情でもあわせてくれるけど、犬の短い人生は自分次第で決まる」ビションフリーゼ・月ちゃんと暮らす、夏生さえりさんインタビュー!

 同書はおへそを“天”に向けている、「へそ天」の構図にこだわった一冊。「へそ天」の姿は猫がうっかり野生を忘れて、リラックスしている時にしか見られない。本来なら飼い主の前だけで見せるものであり、プロのカメラマンには撮れない貴重な写真だ。

 今回出版されたのは、猫好きの間で大きな注目を浴びているシリーズの第二弾。昨年1月に発売された第一弾『へそ天にゃんこ』は、「無防備なゆったりポーズなので、全ての猫が幸せいっぱいなのがわかる。全部安心して見ていられる」「キュン死ー!ネコ飼おうよー!と、本を借りてきた日は大騒ぎでした」「どの猫ちゃんも飼い主さんご一家に可愛がられているのがよくわかります。お腹もふもふしたい。吸い付きたい」と口コミで大好評。「あさイチ」のロケや「王様のブランチ」の2月22日(猫の日)特集など、地上波の番組でも取り上げられた。

 書籍内にはかわいくて癒やされる猫の写真が多数掲載されているが、実は「捨てられていて、命を落とす寸前に保護された猫」も登場。人間とペットとの関係性について問題提起すると共に、売上の印税の一部を保護猫活動団体に寄付する試みとなっている。

広告の後にも続きます

 以下では、その中から数点の写真をご紹介。

作品名「シンクロニャいずどスリーピング」

3 匹の猫たちは、ビニール袋に入れられて捨てられていたところを保護された。今では、リラックスして3匹で元気に暮らしている。

作品名「ボクたちの未来にグータッチ♪」

こちらの2匹は、育児放棄されているところを生後1カ月で保護された猫。

作品名「ふみふみタイム♪」

妊娠中に保護された猫が無事出産。母子ともに元気に育っている姿が写し出されている。

作品名「はじめてのぬくもり」

こちらの猫は、ダンボールに入れて捨てられているところを発見され保護された。写真は、家族として迎え入れた最初の日に、安心して膝の上で寝てくれた記念の一枚。失われかけた命の輝きや、人間とペットの間の愛が伝わる作品となっている。

 コロナ禍の自粛生活で、つらい気持ちになる日もあるはず。そんな時はオモシロカワイイ猫たちの写真を眺めて、心を癒してみてはいかがだろう?

TOPICS

ランキング(読書)

ジャンル