top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

セクハラ騒動は終わったこと 高橋大輔母が橋本聖子氏にエール

女性自身

セクハラ騒動は終わったこと 高橋大輔母が橋本聖子氏にエール

「会長選びについて、菅義偉首相(72)は『もっと若い人はいないのかね』『女性から選ぶことはできないか』と2点注文したそうです。それが“天の声”となって、大会組織委員会では『それなら橋本さんしかいない』と意見がまとまったのです」

 

そう語るのは、政治評論家の有馬晴海さんだ。

 

2月18日に東京オリンピック・パラリンピック大会組織委員会会長への就任が決定した橋本聖子氏(56)。しかし 、同時に’14年の高橋大輔選手(34)とのキス事件が世界に拡散。ソチ五輪後の打ち上げで起きたという“セクハラ”疑惑が再燃しているのだ。

広告の後にも続きます

 

「『週刊文春』’14年8月28日号によると、橋本さんが高橋さんにキスを迫ったとのこと。キス写真も掲載されていたことから、『セクハラだ』と問題視されました。当時は高橋さん本人がセクハラ被害を否定したこともあり、騒動は鎮火しました。しかし今回再び注目が集まり、海外メディアでも報じられる事態になっています。森喜朗前会長(83)が女性蔑視発言で辞任したこともあり、人事に疑問を抱く論調が多いようです」(スポーツ紙記者)

 

そんななか、当の高橋選手は何を思うのか。本誌は実母・清登さんに話を聞いた。

 

──当時はファンからクレームの電話などもあったそうですが、改めて当時の“息子さんへのキス”をどうお考えですか?

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル