top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

小さな尊い命が救われる瞬間。火事で心肺停止に陥った2匹の猫に小さな酸素マスクで救命措置(イギリス)

カラパイア

動物用の酸素マスクで2匹の猫が救われる
image credit:Runcorn Fire Station/Facebook

 イギリスのとある民家で発生した火災に、2匹の飼い猫が巻き込まれてしまうという事態が起こった。

 煙を吸い込み心肺停止状態に陥っていた猫たちだが、駆け付けた消防士たちは用意していた動物用の小さな酸素マスクを直ちに取り付け救命措置を試みた。

 おかげで猫たちは助かり、元気に回復の兆しを見せている。

民家の火災にペットの猫が巻き込まれる


 2月13日の午後3時頃、イギリス北西部チェシャー州ハルトンブルック地域にある2階建て住宅の1階部分から火災が発生した。

 通報を受け、地元のランコーン消防署とウィドネス消防署から2台の消防車が駆け付け消火活動に当たった。

 現場にはひどく煙が充満していた。巨大ファンでそれを取り除きながら赤外線カメラでホットスポットを特定した消防士4人は、90分後に鎮火に成功した。

 この家に住む住民全ては無事に避難していたが、火災に巻き込まれた2匹の猫は煙を吸いこんでしまい意識不明となっていた。


動物用酸素マスクで救命措置、猫たちは一命を取り留める


 一刻も早い処置を行わなければならない。消防士たちは、2匹の猫の体にタオルを被せ、小さな酸素マスクを猫の顔につけて酸素ボンベから酸素を送った。



 実はこの酸素マスクは、地元の非営利団体『Smokey Paws』が消防署に寄贈した動物用の小さなもので、火災に巻き込まれてしまったペットたちの救命措置のための専用の仕様になっている。

 消防士らは、ウィドネスの獣医師から動物用酸素マスクの使い方の訓練を受けていた。今回それが大いに役に立ち、2匹の猫を救うことに成功したのだ。





 処置を受けた猫たちはその後獣医院へ搬送されたが、ランコーン消防署はTwitterやFacebookで、猫たちが翌日には元気に回復したことをシェアした。

 どんな命も必死に助けようとする消防士の行為に、ユーザーらからは「あなたたちは真のヒーローよ!」「最高の仕事をしてくれたあなたたちは本当に素晴らしい」「猫たちを救ってくれてありがとう!!」といった多くの称賛の声が寄せられている。

 海外では動物専用の応急処置セットが用意されていて、火災現場や水難事故によって心肺停止になった犬や猫をペット用酸素マスクを用いたCPR(心肺蘇生法)で救命処置を行っている。

 ハムスターなどの小動物に対応したものもある。消防士たちもその機器を使うための訓練を受け、非常時に備えているというのも素晴らしい。

written by Scarlet / edited by parumo

TOPICS

ランキング(動画)

ジャンル