top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

キーワードは“当たり前からの変化”「読者が選ぶビジネス書グランプリ2021」が発表! 総合グランプリは『シン・ニホン AI×データ時代における日本の再生と人材育成』

ダ・ヴィンチNEWS

 ビジネススクールのグロービス経営大学院と、ビジネス書の要約文をアプリやサイトに配信するインターネットサービス「flier(フライヤー)」を運営する株式会社フライヤーは、ビジネスパーソンが「読むべき本」を選出するコンテスト、「読者が選ぶビジネス書グランプリ2021」の授賞式を、2月16日にオンラインで開催した。

あわせて読みたい:幸福度世界1位! フィンランド人が、午後4時に退社できる理由

 今年で6回目となるビジネス書グランプリは、ビジネスパーソンの読書習慣を育てて出版業界を盛り上げたいという思いから創設された。総合グランプリと政治・経済部門のW受賞を果たしたのは『シン・ニホン AI×データ時代における日本の再生と人材育成』(安宅和人/ニューズピックス)。ほか、イノベーション、マネジメント、自己啓発、リベラルアーツ、ビジネス実務の5部門と、コロナ禍を支えた特別賞を含め計7作品の表彰が行われ、著者や担当編集者が登壇した。

「読者が選ぶビジネス書グランプリ2021」受賞作品は以下の通り

総合グランプリ 『シン・ニホン AI×データ時代における日本の再生と人材育成』(安宅和人/ニューズピックス)イノベーション部門 『フィンランド人はなぜ午後4時に仕事が終わるのか』(堀内都喜子/ポプラ社)マネジメント部門 『心理的安全性のつくりかた』(石井遼介/日本能率協会マネジメントセンター)政治・経済部門 グランプリ作品自己啓発部門 『科学的な適職 4021の研究データが導き出す 最高の職業の選び方』(鈴木祐/クロスメディア・パブリッシング)リベラルアーツ部門 『LIFESPAN(ライフスパン) 老いなき世界』(デビッド・A・シンクレア、マシュー・D・ラプラント:著、梶山あゆみ:訳/東洋経済新報社)ビジネス実務部門 『本当の自由を手に入れる お金の大学』(両@リベ大学長/朝日新聞出版)特別賞 『人は話し方が9割』(永松茂久/すばる舎)

広告の後にも続きます

 各部門の紹介と著者のコメントをみていこう。

【イノベーション部門】『フィンランド人はなぜ午後4時に仕事が終わるのか』(堀内都喜子/ポプラ社)

『フィンランド人はなぜ午後4時に仕事が終わるのか』(堀内都喜子/ポプラ社)

【書籍紹介】
ワークライフバランス世界1位、フィンランド流の働き方&生き方をひもとく。フィンランド人は、仕事、家庭、趣味、勉強、となんにでも貪欲だが睡眠時間は平均7時間半以上。やりたいことはやるが、ゆとりがある生活を過ごしているのはなぜか。

TOPICS

ランキング(読書)

ジャンル