top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

「人類の次なる脅威はニパウイルス」と感染症対策国際組織 自然宿主はまたコウモリ

ニュースサイトしらべぇ

(Manjurul/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

「アフター・コロナ」と呼べる日が1日も早く来るよう、期待してやまない私たち。その一方、別のウイルスによる新たなパンデミックがそう遠くなく始まることも、覚悟していなければならないという。ある不気味な情報を英国のメディア『The Sun』『Mirror』などが報じた。


■人類の次なる脅威は…

「感染症流行対策イノベーション連合(Coalition for Epidemic Preparedness Innovations 略称:CEPI)」のワクチン研究開発部長を務めるメラニー・サヴィル博士は、人類の新たな脅威となるウイルスとして、「ニパウイルス」の名を挙げた。

CEPIは今後に流行する可能性がある感染症を見極め、官民連携のパートナーシップを組んでワクチンの開発にあたり、広く普及させるという使命のもと2017年に発足。モデルナ社の新型コロナウイルス・ワクチンの開発にも関わっている。


関連記事:新型コロナウイルスを呼気で数分以内に判定 イスラエルで簡易チェッカー開発が順調

■自然宿主はやはりコウモリ

「ニパウイルス感染症が次なる脅威」と論じるサヴィル博士によると、同ウイルスは1999年、マレーシアのある養豚場でヒトの感染が確認され、南アジアと東南アジアで患者が散発しているという。

広告の後にも続きます

自然宿主となってニパウイルス伝播を媒介すると考えられているのは、大型で食用でもある「フルーツコウモリ」だ。感染しているコウモリと接触する、食べる、あるいはコウモリが触れたマンゴーなどの果物を食べて感染することがわかっている。

■長い潜伏期間と高い致死率

ニパウイルス感染症の症状は、重度の脳浮腫、けいれん発作や嘔吐など。潜伏期間は最大45日間で、発症前の1ヶ月間で大勢の人にうつす可能性があるうえ、致死率は45~75%と非常に高い。

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル