top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

有吉弘行、セクハラが許されない時代に持論 「最後の砦は雑誌」

ニュースサイトしらべぇ

21日放送『有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER』(JFN)で有吉弘行が「セクハラに厳しい風潮」に言及。メディア内で雑誌だけがセクハラに寛容な現状を分析した。


◼セクハラに厳しい時代

有吉は「テレビとかいろいろあるけど、『それセクハラじゃない?』『それヒドイでしょ』とか(発言が)チラッと零れたりする」と言及。出演者側の意識に「まだまだのところがある」ため、セクハラと気づかずに発言してしまうと解説する。

テレビやラジオでは、そういった発言や態度を「極力なくしていこうっていうみんなの意志がある。たぶん意志はひとつだと思うんだよね」と主張。そのなかで「最終的に残ってるのはやっぱり雑誌だね」と雑誌だけはセクハラを排除する意識が低いと語っていく。


関連記事:有吉弘行、ギャル芸人へのセクハラ疑惑に困惑 「無理すぎです」

◼最後の砦は雑誌

雑誌の下卑た見出しを例に出しながら、「最終的に残った、雑誌がセクハラの最後の砦だね」と熱弁する有吉。

広告の後にも続きます

「雑誌は叩く立場、雑誌が雑誌を叩かないから。やっぱり最後まで残るんだね」とほかの雑誌から叩かれないがゆえに、世間のセクハラに厳しい風潮からも逃れられていると笑った。

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル