top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

ちょっぴり難しい?【邁進】これ読めるかな?

liBae


日常では使わないけど、知っているとカッコいい漢字ってありますよね。 とくに「邁進」という漢字は、ビジネスマンなら読めても、一般的に使う機会は少ないかも…!? 今回は「邁進」について、読み方や意味を調べてみました♪

(1)「邁進」の読み方は?

あなたは難解漢字の「邁進」を、正しく読むことはできますか? 日頃見かけない漢字だと、読めなくても仕方ないと諦めてしまいがち。 でもこんなむずしい漢字が、さらっと読めると鼻が高いですよね。 気になる「邁進」の読み方は、「まいしん」が正解! 一度は、聞いたことがあるのではないでしょうか。 「邁」という字の読み方さえ覚えていれば、むずかしくはないですね♡

(2)「邁進」の意味

「邁進」が「まいしん」と読むことがわかったなら、次は意味も理解しておきましょう。 「まいしん」は聞いたことがあっても、正しい意味は意外と知らないってこともありますね。 「邁進」とは、まっしぐらに突き進むことです。 「邁」には、「他を越して先に出る」という意味があります。 「進」は、「すすむ」や「前にでる」という意味です。 同じような意味の漢字を重ねることで、意味合いがさらに強くなっています。 「邁進」は目的に向かって、一生懸命に突き進むようなイメージです。 ひたむきで前向きな様子がうかがえる言葉ですね。

(3)「邁進」をビジネスシーンでつかう

ここまで読んだら、「邁進」の読み方や意味がしっかりわかりましたね♪ いざ「邁進」を日常生活でつかおう!と意気込んでも、なかなか使い所がむずかしいです。 「邁進」は、ぜひビジネスシーンでつかってみてください♡ 入社や異動してすぐ、自己紹介や挨拶をする場がありますよね。 「これから頑張ります」と言うよりも、「邁進して参ります」という方が知的なイメージ! 前向きで謙虚な姿勢もアピールできるので、おすすめです。

(4)「邁進」と「精進」の違い

「邁進」と似ている言葉で、「精進」が挙げられます。 「精進」もビジネスシーンに使われることが多く、「一生懸命に努力すること」という意味。 若干ですが、「邁進」とは意味合いが違いますよね。 「精進して邁進していきます」というように、重ねて使われる場合もありますよ。 今回は「邁進」について説明しましたが、ぜひ今後「邁進」を上手に活用してくださいね。 「精進」との違いも覚えておくと、日本語への理解が深まりますよ♪ (liBae編集部)

TOPICS

ランキング(くらし)

ジャンル