top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

時短、節約、手間いらず。料理家歴40年の大庭英子さんが教える「究極のはしょり飯」

BOOKウォッチ

料理家歴40年プロが考えた 究極のはしょり飯(世界文化社)<amazonで購入>

自宅での勤務が進み、家で料理をする機会が増えた人は多いだろう。仕事をしつつ料理を作るのは、家にいるとはいえ、結構大変で面倒。いっそ、「時間」「お金」「手間」を省いた料理にしてみるのはどうだろうか。

2021年2月13日『究極のはしょり飯』(世界文化社)が発売された。本書では、「時短」「節約」「手間いらず」で料理をラクに作ることのできるレシピがまとめられている。著者は、料理家歴40年の大庭英子さんだ。

写真は、『究極のはしょり飯』著者の大庭英子さん(世界文化社提供)

本書の中身の一部を紹介していこう。

<早い! >ほぼ3ステップ! メイン料理が約10分で完成

画像は、『究極のはしょり飯』より「豚こま肉とさつまいものレモン蒸し」(世界文化社提供)

火が通りやすい食材を使い、切る手間を省けば10分でボリュームたっぷりのおかずを作ることができる。ふたをする蒸し焼き・蒸し煮のテクニックをすることで、加熱時間を短縮。さらに、細かくて便利な切り方は避けてスライサーを使うなど、工夫次第で時短が可能だ。

広告の後にも続きます

<安い! >リーズナブルな食材で、手間を省いたシンプル料理!

画像は、『究極のはしょり飯』より「豆腐の豚角煮風」(世界文化社提供)

どうせなら日々の自炊で節約をしたい人も多いだろう。本書のレシピなら、高級食材を使う必要はないので、お財布にも優しい。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(読書)

ジャンル