top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

野田クリスタル、16歳で『学校へ行こう』出演し天狗に 同級生を「素人」呼ばわり

ニュースサイトしらべぇ

20日放送『人生最高レストラン』(TBS系)にマヂカルラブリー・野田クリスタルと村上が出演。野田が「16歳で天狗になった」過去を振り返った。


◼大活躍中の野田だが

漫才の祭典『M‐1グランプリ2020』、最も面白いピン芸人を決める『R‐1ぐらんぷり2020』で優勝、霜降り明星・粗品に続く史上2人目のお笑い賞レース2冠を達成した野田。

ダウンタウン・松本人志に憧れ芸人を目指した彼の原点とも言える、15~16歳でのテレビ出演について語られた。


関連記事:『M−1』マヂカルラブリーがついに優勝 『アメトーーク』での発言にファンが感涙

◼高校時代に天狗に

中学時代からネタを書きはじめ、高校の同級生とコンビ・セールスコントを組んだ野田。当時、視聴率20%を超えていたTBSの人気バラエティ番組『学校へ行こう!』の『お笑いインターハイ』に出演、見事優勝を果たす。

広告の後にも続きます

その結果、「同級生からチヤホヤされるようになった」野田は自分をタレントだと勘違いするようになり、クラスメートを「素人」と呼ぶこじらせを発揮。天狗になった野田の周りからは「(友達が)ゼロになった」と振り返った。

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル