top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

人生空回りばかり…ため息をつくミチコの前に現れた、怪しげな屋台。暖簾をくぐると、そこにはいたのは⁉/悪魔の夜鳴きそば②

ダ・ヴィンチNEWS

主人公の満内(みちない)ミチコ、通称「みっちゃん」は、27歳。駆け出しのホテルマンとして奮闘する毎日だけれど、努力が空回りして落ち込んでばかり。そんなある日、夜道に現れた、奇妙な屋台に引き寄せられ――。百戦錬磨の屋台店主「もちぎママ」が贈る「共感度200%」の感動ストーリー。

「ももも~もも…」深夜の大都会に奇妙な音が鳴り響く。その音の主は…/悪魔の夜鳴きそば①

『悪魔の夜鳴きそば』(もちぎ/マガジンハウス)

「だからさぁ、言ったでしょう。『あなた今日大丈夫?』って」

 今日も上司の嫌味たらしい叱責が飛んでくる。

 その日はなんだかついてない日だった。

広告の後にも続きます

 ルームサービスに向かう途中、ドジって壁にぶつかってしまい、シャンパングラスを1つ割り、サーブしようとした料理のソースを盛大にこぼした。おかげで宿泊者が指定した時間どおりに料理が提供できず、迷惑をかけてしまった。

 インバウンドで来ていたそのお客さまは、必死に頭を下げる私を見て、

TOPICS

ランキング(読書)

ジャンル