top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

HKT48、メンバーが企画・演出・広報・俳優すべてを担うオンライン演劇公演<劇はじ>開幕!

Pop'n'Roll

HKT48が、本日2月20日(土)に、オンライン演劇プロジェクト『HKT48、劇団はじめます。 』(以下、劇はじ)の<水色アルタイル><不本意アンロック>の旗揚げ公演を上演した。本記事では、オフィシャルレポートをお届けする。

【画像はこちら】

2020年10月にスタ ートした『劇はじ』は、HKT48メンバーそれぞれが挑戦したい役に立候補し、企画・プロデュース・演出・出演・音響・美術などオンライン演劇に携わるすべてのことを“自分たちで作る”ことに挑戦する新しい演劇プロジェクト。

創作集団『劇団ノーミーツ』からの指導やサポートを受けながらも、メンバー自ら企画書や構成案、絵コンテ、依頼書を作成。コラボ先の選定など、裏方にも携わりながら、“アイドル”という概念にとらわれず作品を作り上げた。

初回公演は、双方合わせて累計800名の視聴者数を突破し、コメント欄には“心に残る素晴らしい演劇”“これを現役アイドルが作っているなんてすごすぎる”といった称賛の声が溢れた。

<水色アルタイル>ではコロナ禍の最後の文化祭で自分たちの夢を追う高校生の姿を描き、<不本意ア ンロック>ではオンライン社会の発展によって生まれた社会の歪みを描いている。

それぞれ現在の社会情勢を表現しており、SNS上では“今の社会にぐさりと刺さる内容”“両方とも状況を変えるために行動し、前を向くことを示していて素晴らしい作品”と共感の声を呼んだ。

<水色アルタイル>初日公演レポート

©︎Mercury

コロナ禍で高校3年生を迎えた主人公・るなの夢はアイドル。

高校卒業までの挑戦だと覚悟を決めてオーディションに挑むも、受かったオーディションの2次審査が昨今の時勢により中止になってしまう。

そんな中、高校最後の文化祭での有志の舞台への出演募集の話を聞き、親友からの助言でアイドルの夢を諦めずに舞台に立つことを決意したるなは、舞台に立つための最低人数“5人”というハードルを突破するためにクラスメイトたちに声をかける。

真っ直ぐなるなの想いによって、少女1人ひとりが変わっていく様子を描いた青春劇となった同作。少女たちがそれぞれの悩みに打ち勝ちながら1つの目標に向かって進んでいく様子は、“真っ直ぐ過ぎて涙が止まらない”“お世辞抜きで素晴らしい”と感動の声を呼んだ。

広告の後にも続きます

©︎Mercury

©︎Mercury

TOPICS

ジャンル