top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

TEAM SHACHI[ライブレポート]揺るぎない決意と圧巻のパフォーマンスを魅せた豊洲の夜「夢をリアルに掴むために、パシフィコ横浜公演に挑戦し、試練を乗り越えたい」

Pop'n'Roll

TEAM SHACHIが、本日2月20日(土)に豊洲PITにて<SHACHI Navigates Spotlight>を開催した。同公演は去年12月30日(水)に開催される予定だったが、メンバーの新型コロナウイルス感染により、開催が延期に。またバンド編成のライブパフォーマンスとしてMIYA(ベース)、芳賀義彦(ギター)、Tatsuya(ドラム/Crossfaith)が迫力ある演奏を披露したほか、タイトルにあるとおり、光の演出もふんだんに駆使された。本記事では、同公演のオフィシャルレポートをお届けする。

【画像はこちら】

開演時間になり「OVERTURE」の映像が流れると、この日を待ちわびていたタフ民(TEAM SHACHIのファンの総称)の熱量のある拍手とペンライトの光が優しく会場を照らす。

映像が映し出され、メンバーのシルエットが現れると、そのまま力強いミディアムテンポの「MAMA」でライブをスタート。待っていたタフ民が総立ちの中、高揚感のあるパフォーマンスで徐々に会場の熱量が増していき、「雨天決行」で幕が振り落とされメンバーの姿が現れると、会場のボルテージが早くも最高潮に。メンバーの笑顔あふれるパフォーマンスが、観客をさらに湧き立たせる。

その後もライブ感溢れる楽曲「AWAKE」、鉄板曲である「抱きしめてアンセム」を立て続けに披露し、熱気を上げていく。このライブに懸けたメンバーの想いや決意が、セットリスト、そして表情や仕草からも伝わってくるかのようだ。

メンバー4人の息の合ったクールなシンクロダンスから「こだま」を披露。続く「BURNING FESTIVAL」、「ROSE FIGHTERS」では、メンバーがステージ上を縦横無尽に動き回り、底抜けに明るいパフォーマンスを見せた。

<SHACHI Navigates Spotlight>豊洲PIT(2021年2月20日)

<SHACHI Navigates Spotlight>豊洲PIT(2021年2月20日)

広告の後にも続きます

<SHACHI Navigates Spotlight>豊洲PIT(2021年2月20日)

MCは定番の自己紹介からはじまり、“今日はみんなしっかりついてきてください!”と、メンバーがタフ民たちに久しぶりに会えた喜びを伝える。

中盤の「かなた」、「Sweet Memories」では、素敵なアコースティック演奏で、生ならではの優しい空気に会場が包まれた。

すると、バンドメンバーのMIYA、芳賀義彦、Tatsuyaの迫力あるセッションが始まった。そのバンドサウンドの中、坂本遥奈が登場し、演奏に合わせて躍動感とキレのあるダンスで魅了する。

「It’s New 世界」では、今回のライブタイトルにもある“Navigates Spotlight”にちなんだ、印象的なレーザーの演出が飛び出した。

ライブ終盤では、「眠れないナイNIGHT!」、「SURVIVOR SURVIVOR」といったキラーチューンを連発し、メンバーとタフ民の振りコピダンスや熱量で一体感をさらに生み出す。

『ロックマン』とのコラボも記憶に新しいTEAM SHACHIの代名詞ともいえるシングル曲「Rocket Queen feat.MCU」を歌い終えると、ステージが暗転。コロナ禍や2020年からのライブ延期に対する想いを込めたメンバーそれぞれからのメッセージが届けられた。

そのメッセージに乗せて、事前にSNSで募集していた「#シャチJIBUNGOTO」のファンからのつぶやきがいくつもスクリーンに映し出され、コロナ禍の中で“ジブンゴト”に感じたことなどが共有されると、新曲「JIBUNGOTO」のイントロが流れ始める。

そして、新衣装に身を包んだメンバーが再登場。この日がライブ初披露となる「JIBUNGOTO」だったが、メンバーに合わせて観客がダンスをするなど、今後ライブの定番曲になることを予感させる盛り上がりとなった。

TOPICS

ジャンル