top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

原田泰造らがコロナ禍のサウナでととのう『サ道』スペシャルドラマに「やっぱりシーズン2期待しちゃう」

テレビドガッチ


原田泰造、三宅弘城、磯村勇斗がサウナー(サウナ好き)役で出演するスペシャルドラマ『サ道 ~2021年冬 東京の空の下、少し離れてととのう~』(テレビ東京系)が2月14日に放送。今回は台東区「サウナ&カプセルホテル北欧」、練馬区「豊島園 庭の湯」、墨田区「カプセルイン錦糸町/SAUNA GARDEN 錦糸町」を巡った(以下、ネタバレが含まれます)。

本作は、全国のサウナーにとっての“サウナ伝道漫画”タナカカツキの「マンガ サ道~マンガで読むサウナ道~」を実写化。2019年7月期に放送された連続ドラマは「ドラマを見るだけでととのう」と話題になり、放送後に「日本サウナ大賞」を受賞するなど、サウナ業界内外で大きな注目を浴びた。

今回は、サウナを求めて全国を旅する主人公のナカタアツロウ(原田)、偶然さん(三宅)、イケメン蒸し男(磯村)の仲良し3人組が久々に集合。コロナ禍によってサウナライフが大きく揺らぐなか、これまで当たり前であった「サウナのある日々」の大切さを改めて噛み締める。

予約制となった「サウナ&カプセルホテル北欧」でバッタリと再会した3人。サウナ室にナカタと蒸し男の姿を見つけた偶然さんは「おぉ〜偶然!」と思わず声をあげるが、2人に「しっ!」とたしなめられる。その後3人は、広く間隔をあけた椅子に座りながら外気浴。じっと黙りながらも、お互い心の中で会話を楽しむ。

サウナから上がり、食堂で名物のカレーライスに舌鼓を打つ。お互いのマスクを披露し合いながら、コロナに翻弄された2020年を振り返る。「豊島園が閉園したの、去年でしたよね?」と蒸し男。ナカタは「豊島園といえば……行ってきましたよ」と、「豊島園 庭の湯」の話を始める。若い頃デートで訪れた豊島園のプールを思い出しながら、日本庭園を臨む外気浴スペースで早くも1セット目にしてととのいかけるナカタ。猛烈な蒸気のテルマリウムサウナ、さまざまなタイプの風呂を楽しめる広大なバーデゾーンに「1日いれちゃうよ……」と感激し、屋外のフィンランドサウナを満喫。庭園のなかにあるベンチで開放感に包まれる。

その後3人は、最近増えてきたおしゃれなサウナの話題に。「開放感があって、女の子が喜びそうなサウナがある」と偶然さん。2人は「そんなサウナ、あったかな?」と半信半疑になりつつも、偶然さんに誘われ「カプセルイン錦糸町」を訪れる。浴室の中央には巨大な水風呂が鎮座し、ドライサウナの温度も120度とストロングスタイル。「なんなんだこのサウナは」と戸惑うナカタは、偶然さんに連れられ、エレベーターで屋上へ。そこで目にしたものとは……。

コロナ禍のサウナライフをリアルに描写したストーリーに、インターネット上では、「迂闊に会話できない中、心の声形式は面白かった! 前と空気感が全然変わってなくて良かったー」「このご時世ならではのマナーを織り交ぜつつ、しっかり楽しみそしてととのう素晴らしさ」「コロナ禍ならではの内容で、最後のセリフは心に沁みました」と、感動の声が。「セカンドシーズンはいつからなのかな?」「やっぱりシーズン2期待しちゃうわ」と、レギュラー続編を待望する声も相次いでいた。

TOPICS

ランキング(テレビ)

ジャンル