top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

鏡を見ることも禁止!柳楽優弥が、モンゴルでの過酷ロケを振り返り「僕自身の成長記録」と語った『ターコイズの空の下で』先行プレミアム上映会!

cinefil

柳楽優弥、海外合作映画初主演で、ドイツを始めヨーロッパ各国の国際映画祭でも高評価を得た『ターコイズの空の下で』日本初上映となる先行プレミアム上映・舞台挨拶を実施。本作では約3週間におよぶモンゴルでの過酷ロケを経験、柳楽自身が本作を「僕自身の成長記録」「『誰も知らない』以来となる即興演技を楽しんだ」と語る思い入れの強い作品。ゲストには柳楽演じる主人公の祖父(麿赤兒演じる)で大企業社長の秘書役を演じたサヘル・ローズ、そして、柳楽が「とにかく面白い監督!」と太鼓判を押すKENTARO監督も登場した。

【日時】2/19(金) 17:45-18:15 舞台挨拶(上映前)
【場所】新宿ピカデリー シアター1(4F)
【登壇者】柳楽優弥、サヘル・ローズ、KENTARO(監督)

第68回マンハイム・ハイデルベルク国際映画祭の国際映画批評家連盟賞&才能賞をダブル受賞した、映画『ターコイズの空の下で』(2月26日公開)。その先行プレミアム上映イベントが19日、東京の新宿ピカデリーで行われ、主演の柳楽優弥、共演のサヘル・ローズ、そしてKENTARO監督が出席した。

(C) TURQUOISE SKY FILM PARTNERS / IFI PRODUCTION / KTRFILMS

フランス・モンゴル・日本という海外合作映画初主演の柳楽は「どんな撮影になるのだろうか?と、一番そこに惹かれました。結果的に最高でした!」と満面の笑み。モンゴルでは約3週間ゲル(移動式住居)生活を送りながらの撮影だったそうで「ネズミとかがカップ麺を食べたりしていたけれど…」と自然界に驚きつつ「満点の星空で何一つ文句なし!」と充実を口にしていた。

これが長編映画監督デビューとなるKENTARO監督の演出は即興が多かったそう。これに柳楽は「僕のデビュー作『誰も知らない』の是枝裕和監督がそういう演出だったので、心地よかった。僕は20代からキャラっぽい役が続いたので、KENTARO監督は自分らしく現場にいていいんだということを僕に気づかせてくれた監督でした」と原点に立ち返ったような心境。

広告の後にも続きます

撮影中は柳楽に対して鏡を見ること、マネジャーと会話することを禁止にしたというKENTARO監督は「鏡を見ると自分が演技したことを意識するし、マネジャーと会話すると気持ちが日本に戻る。ずっとモンゴルにいてほしかったので余計なことをしてほしくなかった」と狙いを明かした。

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル